無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

伊黒小芭内
伊黒小芭内
伊黒小芭内
確かあなたは蝶屋敷に泊まっていたよな.....
伊黒小芭内
伊黒小芭内
あいつを俺のものにしたい。誰とも喋らないで欲しい
コンコン
伊黒が蝶屋敷に来る
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさん出て貰えます?今手が離せないんです
あなた

はーい

トコトコトコ
玄関まで行く
あなた

あっ伊黒さんだ!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
名を呼ぶな。着いてこい
あなた

分かった!ちょっと待ってねしのぶちゃんに行ってk

伊黒小芭内
伊黒小芭内
駄目だ。早く来い
伊黒小芭内
伊黒小芭内
グイッ(あなたを引っ張る)
あなた

分かったから引っ張らないで

伊黒小芭内
伊黒小芭内
ギュッ逃げないように手は繋がせて貰う
あなた

あっはい....



歩くこと10分
あなた

ここどこ?

伊黒小芭内
伊黒小芭内
俺の屋敷だ
あなた

そうなんだ。それで何の用?

伊黒小芭内
伊黒小芭内
とりあえず入れ
あなた

うん!(伊黒さんの屋敷ってどんな感じなんだろう)

伊黒小芭内
伊黒小芭内
(これで俺のものだ。もう他の奴には触らせない)


一方その頃
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさんがいません.....
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
きっと柱の誰かが来てあなたさんを連れていったのでしょう。許せませんね


そしてあなたちゃんは
伊黒小芭内
伊黒小芭内
甘いものは好きか?
あなた

好きだよ(´˘`*)

伊黒小芭内
伊黒小芭内
そうか。なら食え(三色団子を出す)
あなた

美味しそう!ありがと!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
(まさか胡蝶からもらった薬がこんなところで役に立つとは.....)
あなた

ŧ‹”ŧ‹”....美味しい(*´ч`*)

伊黒小芭内
伊黒小芭内
なら良かった
冨岡義勇
冨岡義勇
コンコン  伊黒居るか
伊黒小芭内
伊黒小芭内
ちょっと待て
あなた

冨岡さん?

伊黒小芭内
伊黒小芭内
そうだ
冨岡義勇
冨岡義勇
.....なんで笑っているんだ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
別に
あなた

......なんか暑い....

三色団子に惚れ薬を入れていた伊黒さん
冨岡義勇
冨岡義勇
.....邪魔するぞ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
待て
冨岡義勇
冨岡義勇
何故だ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
部屋が少し散らかっている
冨岡義勇
冨岡義勇
構わない
伊黒小芭内
伊黒小芭内
駄目だ。待ってろ
冨岡義勇
冨岡義勇
(なんかおかしい)
あなた

んー......なんでだ

伊黒小芭内
伊黒小芭内
あなた冨岡が部屋に来るぞ
あなた

.....へー...

伊黒小芭内
伊黒小芭内
どうしたんだ?(薬が効いたのか)
あなた

伊黒さん以外の人はどうでもいいや

伊黒小芭内
伊黒小芭内
ちょっと冨岡を呼んでくるぞ(よし成功だ)
あなた

ま、待って...行かないで?ウルウル

伊黒小芭内
伊黒小芭内
.....一緒に行くぞ(可愛い可愛い可愛い可愛い)
あなた

うん!ニヒッ

あなた

ギュッ

伊黒小芭内
伊黒小芭内
歩きにくいぞ
あなた

伊黒さんから離れたくないんだもん

伊黒小芭内
伊黒小芭内
...そうか
冨岡義勇
冨岡義勇
遅かったな....ってどういう事だ伊黒
伊黒小芭内
伊黒小芭内
なんの事だ?
冨岡義勇
冨岡義勇
どうしてあなたがそんなに懐いている
伊黒小芭内
伊黒小芭内
知るか
冨岡義勇
冨岡義勇
.....あなた具合でも悪いのか?(あなたのおでこに触れようとする)
伊黒小芭内
伊黒小芭内
パチンッ(冨岡の手を叩く)
伊黒小芭内
伊黒小芭内
あなたに触れるな
冨岡義勇
冨岡義勇
は?
あなた

伊黒さんまだ....?

冨岡義勇
冨岡義勇
大丈夫か?
伊黒小芭内
伊黒小芭内
何をしたか教えて欲しいか?
冨岡義勇
冨岡義勇
当たり前だろ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
惚れ薬を飲ませただけだ
冨岡義勇
冨岡義勇
お前っ!!
冨岡義勇
冨岡義勇
おいあなた!!目を覚ませ!!
あなた

なんの事?

冨岡義勇
冨岡義勇
自分の気持ちも考えろ
あなた

え?

伊黒小芭内
伊黒小芭内
諦めろ冨岡。あなたはもう俺のことが好きなんだ。見苦しいぞ
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた本当に好きな人は誰だ
あなた

伊黒さんだよ?私には伊黒さんしか居ない

伊黒小芭内
伊黒小芭内
ほらな
冨岡義勇
冨岡義勇
グッ....お前!!なんてことしてるんだ!!(伊黒の胸ぐらを掴む)
あなた

やめて!伊黒さんに暴力振らないで!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
フッ.....ありがとなあなた。ナデナデ(あなたの頭を撫でる)
冨岡義勇
冨岡義勇
......帰る(みんなに言わなくては....)
伊黒小芭内
伊黒小芭内
さっさと帰れ
冨岡さんが帰ると
あなた

伊黒さん!ギュッ

伊黒小芭内
伊黒小芭内
可愛いな....チュ
あなた

伊黒さん大好き(*ˊᗜˋ)

伊黒小芭内
伊黒小芭内
俺もだ


その頃
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
冨岡さんから呼び出しだなんて珍しいですね
不死川実弥
不死川実弥
なんの用だァ
時透無一郎
時透無一郎
伊黒とあなたはどこ?
冨岡義勇
冨岡義勇
ない
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
冨岡!!言葉が足りぬぞ!!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
きっと呼んでないんでしょうね
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
何故だ....南無阿弥陀仏...
冨岡義勇
冨岡義勇
あいつらの事で呼び出したからだ
宇髄天元
宇髄天元
派手に意味が分からねぇ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
早くなんの話しか言ってください。暇じゃないんです
冨岡義勇
冨岡義勇
伊黒があなたに惚れ薬を飲ませた
悲鳴嶼、冨岡以外全員).....は?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
え....?
不死川実弥
不死川実弥
伊黒死にてぇみたいだなァ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それでどうするかってことですか?
冨岡義勇
冨岡義勇
そうだ
時透無一郎
時透無一郎
許さない....
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
実に卑怯だな!!
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
可哀想に.....南無阿弥陀仏....
宇髄天元
宇髄天元
惚れ薬ってことは胡蝶が作ったんじゃねぇのか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
伊黒さんにあげたことある気がします
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
なんでかしら
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
覚えてません
不死川実弥
不死川実弥
解毒薬あるよなァ?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
勿論です
時透無一郎
時透無一郎
じゃあ早く行こ
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
うむ!!そうだな!!
コンコン
伊黒の屋敷の扉をノックする音が響く
伊黒小芭内
伊黒小芭内
.....ちょっと待ってろ
あなた

やだ!離れたくない!ウルウル

伊黒小芭内
伊黒小芭内
俺のお願い聞いてくれないか....?
あなた

.....分かった.....

伊黒小芭内
伊黒小芭内
ありがとう(可愛い)
伊黒小芭内
伊黒小芭内
.....何の用だ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
ちょっと失礼しますよ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
.....(まずいな)
あなた

......しのぶちゃん?

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
これ飲んでください
あなた

わかった.....ゴクッ

伊黒小芭内
伊黒小芭内
チッ.....
時透無一郎
時透無一郎
伊黒どういうこと?
不死川実弥
不死川実弥
許さねェ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
好きな人を独占したいと思うのは普通だろ
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さんあなたちゃんは私のものだからね?
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
何を言っているのだ甘露寺!!俺のものだ!!
宇髄天元
宇髄天元
いや、俺の4人目の嫁になるんだ
冨岡義勇
冨岡義勇
俺のものだ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いえ違います。私のものです
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
哀れだ....南無阿弥陀仏.....
あなた

なんで伊黒さんの屋敷にいるんだ...?

不死川実弥
不死川実弥
.....あなた行くぞォ(あなたの手を掴み伊黒の屋敷を飛び出す)
あなた

え?!!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
クッ....
時透無一郎
時透無一郎
実弥め....
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
不死川さんに連れてかれちゃったわ....
宇髄天元
宇髄天元
派手に苛つくな!
冨岡義勇
冨岡義勇
不死川.....許さない
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
全くどいつもこいつも邪魔をして....
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
何を言ってるんだ胡蝶よ!!
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
南無阿弥陀仏....


次実弥回です( ◜௰◝ )