無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

LETS食害(絶望)
さぁ今回は地獄の食害編です(((おい

実況はこの僕,あなたが務めさせていただきます。

zm「ん?なにブツブツ言っとるん?あなたもやで?」


オーマイダーティー!!!!(((意味全く違うんだよ

あなた『見逃してくだしあ』

kn「あぁもう終わったわ…俺死ぬわ……」


あなた『ねーえ〜ってばねーえ〜,お話聞いて〜』

わかる人はわかる(((

rb「お前…ゾムに媚び売って逃げようと…?」

チッ…バレてたか←


ゾムなんか早く歳とって死ねばいいのに((((((おい

zm「ん~?あなたなんて〜?」

あなた『なんでもございませんわッッ(裏声)』


なんで聞こえてんだよ…

アッまさか僕にテレパシーが使えるとか……

天才はやっぱ違うね(漂うデジャヴ感)


zm「ほら,いっぱいあるしはよ食べや?(ニッコリ)」

あぁ…私たち終わったなぁ…と察しました。


_
__
___


あなた『うっぷ…』

地獄の食害が終わって数分。

被害者の方はそれぞれ机に突っ伏しております


zm「あなた…お前細いからもっと食べな…」

もう食害終わったやろ?!?!?!ハァ????????

rb「…可哀想やな(小声)」


おい聞こえてんぞホビット←←←

あなた『ゾム~…ロボロォがまだ足りひんって呟いてんぞ〜』

rb「おまっ…?!」

zm「あ〜まだ足りひんのか〜,せや…まだ余ってるからやるわ」


ハァイロボロォご愁傷さま♡

心の中でお経を唱えておいた

え?これ心の中じゃねぇのかってェ????


うっせぇハーーーーゲ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(((

…よし,教室戻ろう

あなた『コネさん行くぞよ』


kn「うっ…お前元気やな………」

なんか睨まれたけど気にしない気にしない

あなた『うっせハゲ,叫んだら今でも吐きそうなんじゃ黙れ』


とことん口悪いってェ?知らんな(((おい

rb「お,俺も…戻るわ………」

zm「色んな意味で?????」

あなた,kn『「ブッッッッツ‪w‪w‪w‪w‪w」』


おいゾムてめぇ笑かすなよオォイ

危うくRebirthしかけたぜ…………

kn「じゃ,俺らは行くし…じゃあな〜」

あなた『サラダバー』


教室行く途中でRebirthしかけた

私たちであった、まる。