無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

嘘でしょ
あなた

私は小山あなたです
現在、中学2年生の母子家庭でーす
お父さんは去年、交通事故で亡くなったんだ
それでかお母さんもショックで身体か弱くなっちゃって、入院するほどまでに...

でも、お母さんに落ち込んでる姿見せて心配させたくないから元気出せ自分✨✊😜
それでは
今からお見舞いに行ってきます(*`・ω・)ゞ

ナレーター
がらがら(病室のドアを開ける音)
あなた

おかあさーーん!!
げーんーきー!?
.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.

お母さん
こらあなた(笑) 
ここは病室よ
静かにね
あなた

(。・_・。)ノはーい
ねぇお母さn

お母さん
ゴホゴホ
ゴッホんゴホゴホ
あなた

大丈夫!Σ(×_×;)!
お母さん
お母s

ナレーター
パタリ
(お母さんが倒れる音)
あなた

誰かー
誰か助けて泣
お母さんが..泣泣

ナレーター
その後
看護婦さんたちが来て
緊急手術になりました
ですがお母さんは息を引き取りました
ナレーター
私は放心状態になっていました

その時1人の看護婦さんから手紙をもらいました
お母さんが私にと書いてくれた手紙でした
あなた

あなたへ

もうあなたも分かっていると思いますが
お母さんはもう長く生きられません。
なので伝えておきたいことを手紙に書きます

あなたには今まで黙っていたけどあなたには、生き別れの兄がいます。
急でビックリしてると思うけど
今は東京でお仕事をしています。
あなたには身内が兄しかいないので、もしお母さんが死んだら東京であなたの兄と一緒に暮らすのよ。
電話番号や住所は書いておくので
電話をしてお母さんのことを伝えればきっと引っ越しの準備などをしてくれると思うのでちゃんと言うことを聞いてね
人見知りとかダメだよ(笑)

今までありがとう
            お母さんより

あなた

うわーーーん泣泣泣
うっ うっうっグスン

ナレーター
それからずーーーっと泣いていました
病院の面会時間を過ぎた頃、看護婦に帰るよう言われたので家に帰りました
家に着くと、泣きすぎたせいかそのまま寝てしまいました

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なの
なの
ジャニーズのNEWSが大好きです(*`・ω・)ゞ 語彙力がないのでおかしい文章になっていたらスミマセン(。-人-。) 更新遅くなるかもです😣💦⤵️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る