第70話

ろくじゅうはち
はぁぁぁ…少しチャラくて、でもヤンキーじゃないとか…タイプすぎて…
あなた 「………」
ドンッ
あなた 「っ…」
ドテン
松川 「痛って……って神楽さん?」
あなた 「あ…松川さん。すみません 怪我はないですか?」
松川 「てか、よく耐えたな」
あなた 「??」
松川 「だって、俺とぶつかったのに、俺が吹っ飛ぶとかおかしくね?‪w」
やべぇ私超体幹鍛えてあるから(キックボクシング)
松川 「体幹めっちゃ強くね?」
あなた 「あー…鍛えてるので。」
松川 「なんで?」
あなた 「キックボクシングです」
松川 「キックボクシングやってんの!?かっけぇな」
あなた 「まぁ…ありがとうございます」
松川 「そうだ。話がズレたな」
松川 「伊達工の人達来たか?」
あなた 「はい。今から言いに行こうと」
松川 「そうだったんだな‪wじゃあ一緒に行くか」
あなた 「はい」