第74話

ななじゅうに
第2セットが始まった
茂庭 「鎌ちナイッサー!!」
作並 「1本!」
サーブはあっち伊達工から始まった
鎌先 「キュ…キュキュッ」
鎌先 「バシッ!」
岩泉 「花巻!」
花巻 「あいよっ」
及川 「ナイスマッキー……岩ちゃん!」
岩泉 「おう!」
岩泉 「バシッ!」
二口 「ワンタッチ!」
茂庭 「作並!」
作並 「はい!」
茂庭 「二口!」
二口 「キュ…バシッ!」
二口 「っ__」
松川 「ドッ」
ドシャット!
花巻 「うぉおおお!」
岩泉 「すげぇな松川!」
……金田一くん、悔しそう
金田一 「俺もなんなふうにできるのか…
あなた 「できるよ。きっと」
金田一 「!!ありがとうございます!」
国見 「及川さん、ナイッサ」
岩泉 「ナイッサー1本!」
及川 「キュ…キュキュッ」
及川 「ドッッ!」
茂庭 「二口!!」
二口 「ア…ウト!!」
及川 「うわぁぁぁ!くそぉぉ!」
モブ 「あ!及川さんいた!
モブ 「かっこいい♡♡
モブ 「いっせーので声掛けよ!
モブ 「せーの!
モブ 「及川さーん!頑張ってくださーい♡♡♡」
及川 「応援ありがとう!」
モブ 「きゃぁぁ♡♡♡」
うるせぇな…こっちは集中してんだけど
あなた 「あの」
あなた 「こっちは本気で全国目指してるんで、徹目当ての応援は控えてください」
あなた 「正直、迷惑極まりないんで」
及川 「ちょっ…あなた」
モブ 「なっ!何よ!」
モブ 「ちょっと待って!よく見たら青城5大美女の神楽あなた様じゃない!?」
モブ 「えっ!?ちょっと!ほんとじゃない!」
及川 「えっと…」
モブ 「申し訳ございませんでした!!!」
あなた 「…徹目当ての応援を控えるよう、他の人に伝えてくれますか?」
モブ 「それは…いくら青城5大美女でも…」
あなた 「なぜ?」
モブ 「及川さんのファンクラブって、ものすごく怖いんですよ」
あなた 「そうなんですか…(チラッ)」
及川 「なんでこっちみんのさ!そんなの知らないよ!!」
あなた 「では、私が直接言いますので、さよなら」
モブ 「はい!失礼しました!!!」