第51話

ごじゅういち
国見side
あなたさんの頭にサーブが激突した
及川 「キャプテンの俺が運ぶよ」
岩泉 「……わかった」
え?なんで岩泉さんいつもみたいに言わないんだ?
このままじゃ、あなたさんが及川さんのものに…
そうはさせない。

だって…俺は、あなたさんのことが…
国見 「いえ、ここは俺が運びます」
岩泉 「国見……!?」
そう思いますよね。
いつもだったら絶対そんなことしないし
ここは何とか及川さんからあなたさんを離れさせよう
国見 「及川さんは主将で、みんなをまとめてください」
及川 「キャプテンがチームの人を手当てするのは当たり前でしょ?」
やっぱり、及川さんはあなたさんのことが好きなんだ


…知ってたけど
国見 「先輩に任せる訳には行きません。後輩である俺があなたさんの手当をします」
ここまで言えば、引き下がるよな
及川 「で…でも」
よし。あからさまに動揺してる

最後のひと押し
国見 「それに加えて、及川さんはチームの戦力の要です。ここは俺に任せて、サーブ練をした方がいいと思います」
ここまでド正論を言われれば、流石の及川さんも引き下がるだろう
岩泉 「……及川。ここは国見に任せよう」
及川 「……」
岩泉 「国見、神楽を連れて行ってもらっていいか?」
よっしゃ 上手くいった
国見 「はい」
グイッ(お姫様抱っこ)
軽すぎだろ…ちゃんと食べてんのか?
花巻 「国見くんってば王子様みたーい♡」
国見 「そんな…やめてくださいよ」
お〜及川さん、嫉妬してる‪w
国見 「では、失礼します」