第67話

ろくじゅうろく
〜伊達工との練習試合〜













ピピピピピピ
あなた 「ん…?」
朝か…今何時だ…?
5時
そろそろ起きるか
影山 「あ、あなたおはよ」
あなた 「飛雄くん おはよ」
影山 「今日は早いな」
あなた 「んー。伊達工との練習試合があるから」
影山 「これ、持ってけ」
ひょいっ
あなた 「何これ…?あめ?」
影山 「考えすぎて頭が痛くなった時に食べるといいぞ」
あなた 「そうなんだ、ありがとう」
佐藤 「あなた様。準備が出来ました。」
あなた 「わかった。飛雄くん、行ってくるね」
影山 「おう」
………………………………………………………
〜着きました〜
あなた 「おはようございます」
及川 「あなた〜♡おはよぉ!!」
朝からハイテンションすぎるだろ…うるせぇ
あなた 「おはよ」
国見 「あなたさん。おはようございます」
あなた 「英くん、おはよ」
えーっと?なんで徹はサーブ打ってんの??
あなた 「秀くん、なんで徹サーブ打ってんの?
矢巾 「及川さん…5時からここにいるらしい…
あなた 「はぁ??
矢巾 「岩泉さんもオーバーワークだ!って怒ってて…
いやいやいや、頭おかしいの??
あなた 「徹、」
及川 「ん?どうしたの?♡」
あなた 「なにしてんの?」
及川(ちょっ…怖っ!)
「サーブ打ってんだよ…」
あなた 「は?今から伊達工との練習試合だよね?」
及川 「そうだけど!」
あなた 「今ここで体力使って、試合に支障が出たらどうすんの?」
及川 「っ…」
あなた 「試合中にバテたらチームにも迷惑がかかるの。分かる?」
及川 「だけど!俺は天才じゃないし!もっともっと練習して!練習して練習して!頑張らないと!」
あなた 「セッターって、指揮者みたいだよね」
あなた 「オーケストラに指揮者がいなかったら、他の どんなに凄い楽器も思うように吹けたり、演奏したり出来ない」
あなた 「セッターが崩れたらチームは総崩れだよ」
及川 「………」
あなた 「徹は天才じゃなくても、天才であっても、それを信じてくれる仲間がいる。違う?」
あなた 「私も、徹を信じてるよ。頑張ってね」
及川 「そうだね。あなたの言う通りだよ」
あなた 「わかったなら、頑張ってよ!キャプテン」
及川 「あなた〜〜♡♡♡ 及川さん、頑張る!」
あなた 「うん」
………………………………………………………
金田一 「見たかよ国見!神楽さん、超カッコよかったな!」
金田一 「国見…??」
国見 フリーズ中
金田一 「!?国見!?大丈夫か?」
国見 「はっ」
国見 「……」
国見(何今の!?かっこよすぎだろっっっ!!)
↑キャラ崩壊
国見 「そうだな…くそかっこよかった」