無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

犠牲の山の上に立つ死神
……どれくらいの時間が経っただろう。
僕はずっと逃げ続けた。
大人からも子供からも命を狙われた。
しかし、あの人達は違った。
中学生の美歌、高校生の真咲君、咲羅ちゃん
友紀ちゃん、若槻、悠哉、奏叶、柊翔。
この8人は僕の味方になってくれた。
自分が死ぬ可能性があるにも関わらず…
柊翔と奏叶と悠哉と美歌はともかく、真咲君達はDEATH GAMEが始まってから知り合ったのに言ってくれて凄く申し訳無かった。
元と言えば、奏叶達がこのDEATH GAMEに参加することになったのは僕がこの御嵩島にいたせいになる。
僕がいたせいで今までに犠牲となった皆…
僕の育った村、桜華中学校、霧ヶ崎中学校、日本中の高校生、御嵩島の人達。
何十万人の犠牲者が出ただろうか…
何回も見た親友や友達の死ぬ姿。
とても心が痛んで物凄く辛くなった。
雪奈、忍、蒼真…そして、燐翔と紗奈。
元凶の記憶、斗真の言葉、柊翔の存在。
全て忘れていた…いや、忘れたいと願った。
結局、僕は生き残った。
子供6人と大人3人に罰が与えられた。
ミッション失敗の罰で真咲君と咲羅ちゃん…そして、奏叶が命を落とした。
僕のせいで本当にごめんなさい…
謝っても許してもらうことも出来ない。
僕は三人が死んでいくところを見届けることしか出来なかった。
奏叶は息が出来ない状態で最期に言った言葉は僕の耳までしっかり届いた…
『DEATH GAME、最後まで頑張れよ。』
僕はこれで良かったのかな…?
多大な犠牲が出続けて生き残り続けて…
時には暴走して人殺しになって、沢山の命を奪って、それでも僕に生きる権利はある?
……きっと無い。
けど、何かをやり遂げるには犠牲は付き物。
犠牲は出した、だから願いは叶えて貰おう。
…本当に僕は死神なのかもしれない。
DEATH GAMEに5回も参加して、大量の死者を出して、そんな犠牲者の山の頂点に立っているのがこの僕だ。あだ名通りかもね…
そんなことを考えながら僕は日付が変わってからロッジの屋上でボッーとしていた。
日付が変わって来たメールそれは…
07/29 00:00
To:GM
title:DEATH GAME
5日目終了だよ〜!
神崎舞を殺せなかったのでミッション失敗、大人3人、子供6人に罰を与えます!
DEATH GAMEは大人チームの全滅の為、子供チームの勝ちで終了となります!
生き残った10人の皆様お疲れ様でした!
07/29 00:00
To:GM
title:DEATH GAME
神崎舞、君にはまだミッションがあるよ!

〜最終ミッション〜
神崎舞は朝日が昇る頃に、御嵩島の東側の崖まで一人で来い。
神崎舞
………。
東側の空が薄ら明るくなっている。
そろそろ行こっか…終止符を打ちに…
僕は駆け足でミッションの時に飛び込んだ崖まで走って行った。
崖に着くと丁度朝日が昇る時だった。
神崎舞
…綺麗……
少しの間、朝日を見ていると後ろから拍手の音が聞こえていた。
園宮猛
やぁ、二年ぶりだね。神崎舞。
神崎舞
!…
園宮猛
それにしても凄いね〜、最後のDEATH GAMEまでちゃんと生き残るなんて。
神崎舞
そりゃ、どうも…
園宮猛
さて、質問の時間だよ。
君は何を願っているのかな?
何を今更…そんなのもう決まってる。
神崎舞
僕はDEATH GAMEを ───