無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

新たな9枚
〜15:25 御嵩高校〜
正門の前には、白鷺誠弥が不安そうな表情で立っていた。
今村奏叶
あの人か?
藍澤真咲
ああ……お〜い、誠弥!
白鷺誠弥
あ、真咲君。あと翔馬君、僕に用事って何?
若槻翔馬
新しい紙が見つかった。
翔馬が紙を白鷺君に向けて見せてる。
すると、段々青ざめていくのが見て分かった
白鷺誠弥
ぼ、僕飛び降りるの!?絶対に死んじゃうよ!!
藍澤真咲
その件なんだけど、多分マットとかを地面に積み重ねて置けば大丈夫な筈なんだ。
武藤咲羅
結果、誠弥君の気分次第になっちゃうんだけど…無理かな?
白鷺誠弥
……。
そのまま悩み込んでいる中、俺達は白鷺君の返答を待っていた。
白鷺誠弥
……僕、する…!
武藤咲羅
ほ、本当に!?
白鷺誠弥
だって、頑張らないともっと多い人が死ぬ可能性があるんでしょ…?だから頑張ってみる。
若槻翔馬
なら、マットの準備か…するなら急がないと他のもクリアしないといけないしな…
神崎舞
それなら、任せてよ。
今村奏叶
ん?何か策でもあるのか?
神崎舞
普通に手伝ってもらうんだ。
神崎は何処かに電話をかける。
すると、5分後に15人程の中学生が御嵩高校にやってきた。
若槻翔馬
おぉ、人を集めるのが早いな。
神崎舞
まぁね、あのさみんな。これから10分以内にここの屋上の下にマットを重ねること出来るか?
美歌
10分以内ですね、了解です!
それじゃ、行くよみんな!
女子
おぉ!
そのまま中学生は体育倉庫に向かい、8分後には屋上の下にマットが敷き詰められた。
屋上には白鷺君が立っている。
白鷺誠弥
た、高い……
藍澤真咲
誠弥、頑張れ!!
お前ならいけるぞ!!!
白鷺誠弥
うん…!
目を瞑り、屋上から足を離す。
そして、マットに鈍い音が響くが少ししてスグに白鷺君は立ち上がった。
藍澤真咲
誠弥、良くやったぞ!!
白鷺誠弥
怖かったよ〜…
今村奏叶
白鷺君、すごいよ!!
白鷺誠弥
あ、ありがと!!
クリアのメールが届く。
〜18:53 食堂〜
ロッジの食堂に再び高校生が集まっていたが確実に昼の時より人数は少なかった。
今のところミッション達成率は 5/23
俺達が見たのは2つだから、残りの3つは誰かがクリアしたことになる。
…暁月美子の姿が見られない。
それに…
女子
あれ?結咲と浩平は…?
男子
何か海を見てくるとか言ってたけど…
女子
まさか…焼身自殺したんじゃ…
女子
そ、そんなこと言わないでよ…
男子
結咲と浩平?の焼死体見つけたから男子と思われる奴の内臓も燃やしといた。
女子
え…
若槻翔馬
……あと、10個か。
藍澤真咲
ああ…
今村奏叶
新しく見つかったのが3枚…
話していると、中学生の美歌ちゃんが食堂に入ってきた。
若槻翔馬
お前、さっきの…
美歌
島の子達みんなで探した結果。
そのピンクの紙は6枚見つかりました。
美歌ちゃんはそう言うと6枚の紙を机に置く
美歌
では、頑張ってください…
置くと速やかに食堂から出て行った。
若槻翔馬
それじゃあ、それを合わせると9枚だな。内容は…
『美竹友紀は女子2人とハイタッチをしろ。』

『寺谷博樹と澄田華楓は、2人で誰か5人を選択しろ。その者に罰を与える。』

『男女各1人は休むこと無く15km走れ。』

『天野幸太はコインを3回投げろ。投げて裏が2回以上出た場合は罰を与える。』

『スズメバチを5匹捕らえよ。』

『矢田愛梨は海で8m潜れ。』

『今村奏叶はこれを見てから10分以内に火を起こせ。』

『若槻翔馬は今一番望むことを叶えろ。』

『神崎舞は山にある崖から飛び降りろ。』
若槻翔馬
…だ。
今村奏叶
火……あ、厨房!
俺は厨房に走って向かい、コンロで火を起こした。
ピロンッ♪
メールを確認して食堂に戻ると友紀が丁度、2人目とハイタッチをしているところだった
ピロンッ♪
若槻翔馬
あと8つ。
矢田愛梨
わ、私、海に行ってきます!!
そう言うと、走って食堂から出て行った。
その後、石原奈々はサイコロを振り6が出て、死亡。宮本優磨が選び、中野杏樹が死亡。
佐野悠哉
さっきの矢田さんが潜ってクリアしたら残りは5つ…
藍澤真咲
そういや、翔馬が一番望むこと
ってなんだよ。
若槻翔馬
ん?俺が一番望むことは死神と手合わせをしたいね。
今村奏叶
まぁ、そのことは後としてどうする。あと5つクリア出来そうなのは…
『この御嵩島の東側にある崖から、女子2人、
男子3人は海に飛び込め。』
『男女各1人は休むこと無く15km走れ。』
この2つの紙を手前に置く。
今村奏叶
この崖って何mくらい?
城坂萌華
10〜15mくらいです。
今村奏叶
それなら、頑張ればいけるな…
藍澤真咲
ん〜…じゃあ、男子は俺と翔馬が行くか。
若槻翔馬
は?俺?まぁ、いいけど…
それなら言い出しっぺのその奏叶って奴もしろよ。
今村奏叶
あ、あぁ、やってやる。
藍澤真咲
女子は誰がいいか…
すると、島の女子、半田夢空が手を挙げた。
半田夢空
ウチでよければ行くよ!飛び込みとかなら得意だし!
女子
夢空は飛び込みの選手だよ!
今村奏叶
お、ありがと。
藍澤真咲
あと誰か女子1人…
若槻翔馬
君でいいじゃん。
“君”と言って翔馬が指した先には神崎がいた
神崎舞
君って僕のこと?
若槻翔馬
ああ…君ならいけそうな気がするけど無理?
神崎舞
別にいいけど…
若槻翔馬
なら、決定だな。
佐野悠哉
あと、15km走れそうな人…
今村奏叶
あ、神崎。
神崎舞
ん?
今村奏叶
たしか、長距離走の県代表だったよな?
神崎舞
ま、まさか、10mの崖から海に飛び込んだ後に15kmを走れと言いたいのか…?
今村奏叶
そう。
神崎舞
僕、そんな万能人間じゃないんだけどなぁ…
今村奏叶
そこを何とか頼む。
神崎舞
まぁ、やるよ。
今村奏叶
あとは、男子…
若槻翔馬
それなら俺が行く。
藍澤真咲
そうか。それじゃあ早速、東側にある崖に行こう。
今村奏叶
ああ。
ピロンッ♪
半田夢空
お、愛梨クリアしたみたい!
女子
だね!あ、飛び込むなら男子達とゴムボートで待機しとくね!スグに上がれるようにさ!
半田夢空
ありがと〜!
源武光
奏叶、他の俺はスズメバチを捕まえに行く。島の子が案内してくれるみたいだしな。
今村奏叶
おう、頼んだ。
そして、俺、真咲、若槻、神崎、夢空ちゃんの5人は御嵩島の東側にある崖に向かった。