無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

御嵩島とのお別れ
ロッジに戻ると、生き残った10人の未成年が集まっていた。
その中には悠哉、若槻、友紀ちゃんがいた。
中学生の美歌も…
神崎舞
ただいま…
佐野悠哉
おつかれさん。
美竹友紀
やっと終わったね〜…
神崎舞
うん…
美竹友紀
御嵩島からさっさと逃げた方がいいのかな?
佐野悠哉
それがいいだろ。
神崎舞
だね…
若槻翔馬
俺はここで死神ともう一回戦したいところだけど。
神崎舞
まだ戦うのか。
若槻の発言に僕は苦笑いを浮かべる。
若槻翔馬
まぁ、疲れきってる死神とやるのは嫌だしな。今日はしないけどまたいつか、俺と戦え。
神崎舞
疲れてなくてもやりたくないんだけど…まぁ、いいよ。
若槻翔馬
………。
美竹友紀
それじゃあ…行こうか。
佐野悠哉
ああ。
そうして、僕達は御嵩島を離れた。