無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

不気味に輝く
夜になり再び外に出た俺達は絶体絶命に陥っていた
〜20:46〜
子供チームの10数人に対し、大人がざっと40人程で囲まれていた。その中には、500ptsの瀬良勝輝と伊澤駿の姿も見られた。
07/26 20:00
To:GM
title:DEATH GAME
大人チーム→1600pts
1位→瀬良勝輝(820pts)
2位→伊澤駿(410pts)
子供チーム→1200pts
1位→若槻翔馬(500pts)
2位→石田直己(230pts)
今村奏叶
この状況、ヤバいだろ…
佐野悠哉
お、おう…これはかなりの得点が大人チームに入るチャンス…
藍澤真咲
けど、戦わないと死ぬからしょうがない。
そんなことを、離してると大人達が動き出し俺達を殺そうと襲いかかってくる。
俺達も必死になって戦うが負けるやつもいた
今村奏叶
あっ…!
石にツマづいて転んだ俺は運悪く、伊澤駿に見つかりジリジリと近寄ってくる。
伊澤駿
50ptsか…まぁ、狩れる奴は早く殺さないとな!
さっきの子、可愛かったよな。
そうそう、まぁ、500ptsのアイツは山から落としたけど
伊澤駿
そういう話はやめろ。
今村奏叶
か、んざき…
伊澤駿
ま、この島に来たことを恨め。
そう言い、俺に銃を向けて引き金を引こうとした時だった。
伊澤駿
う"っ……!?
突如、伊澤駿の心臓辺りから赤く染まってる刀身が現れた。
それが引き抜かれると敢え無く伊澤駿はその場に崩れ落ちた。
おい、駿!!
伊澤駿
……。
そんなことよりも、俺は目の前を疑った。
月光りに照らされて赤黒く輝く刀身、大きなフードに手が見えない長さの袖、それは何処から見てもみんなが知ってる死神だった。
神崎は俺に話しかけることなく500ptsの
瀬良勝輝の元へと走って行った。
瀬良勝輝
んだ、お前は。
神崎の胸倉を掴み持ち上げる。
フードが取れこっちからは見えないけど頬の数字が歪んでいるそうだ。
瀬良勝輝
ほぉ…誰か殺したのか。何ptsになるのか見ようじゃねーか。
俺の方からは見えないが、歪みが消えた数字が見えた瀬良勝輝は目を見開いた。
途端にその場の全員が黙り、神崎達の方に視線を向けた。
瀬良勝輝
は…?
勝輝、その女何pts稼いでるんだよ。
瀬良勝輝
1160…pts……
勝輝が手を緩めたと同時に神崎が地面に落ちた。スグに立ち上がり土を払ったがその頬には、『1160』と赤い数字が浮かんでいた。
冗談だろ…?8時のメールではランキングには女さえ入っていなかった……
8時以降に1160ptsを…
瀬良勝輝
何なんだよ……何なんだよお前は!!
風により神崎の髪がフワリと持ち上がる。
首筋には『500』と黒い数字。
お前あの時の…
瀬良勝輝
500ptsで女ってことは、お前は神崎舞だな…
神崎舞
…気安く僕の名前を呼ぶな。
今村奏叶
え…
佐野悠哉
舞ちゃん、何か違う…
今村奏叶
てか、目付き…
神崎は無機質なような冷たい視線に変わっていた。
まるで、目の前の物を憎むような…
神崎舞
僕はお前らみたいな大人が嫌いで憎みたくなるんだ。何の証拠も無いのに殺そうとしやがってさぁ……
瀬良勝輝
大人をナメんなよ、餓鬼。
瀬良の言葉を聞くと神崎はニヤついた。
神崎舞
そんな餓鬼に負けた大人は誰だろうねぇ?
さっき殺した伊澤駿の遺体へと視線を向ける
瀬良勝輝
!?…おい、駿!!!
慌てて駆け寄って揺するが起きることは無い
瀬良勝輝
テメェ!!!
神崎舞
何さ。
瀬良勝輝
今すぐぶっ殺してやる!!
神崎舞
へぇ…ならしてみなよ。
僕とどっちが速いか。
神崎は既に拳銃の銃口を瀬良に向けていた。
瞳は月光りに照らされて不気味に輝いている
瀬良勝輝
っ……がぁぁぁぁ!!!!
銃を使うのを諦め、走り始める瀬良。
そんな中神崎は…
神崎舞
逃がすか…
バンバンバンバンバン!!!
瀬良の左脚、右脚、左腕、右腕……眉間。
全てが撃たれてその場に崩れ落ちる
神崎舞
僕の…勝ちだね。
クスッと笑った神崎。
頬の歪んだ数字はやがて赤い『1660』
へと変化していった。
神崎舞
さぁて、次は……
ゆらりと揺れ周りを見渡す。が…
倉持柊翔
………舞、ごめんな。
柊翔が近づき鳩尾を思いっきり殴る。
神崎は柊翔にもたれるようにして気絶した。
今村奏叶
柊翔、神崎はどうしたんだよ…
倉持柊翔
詳しくは後で話す…
武藤咲羅
ねぇ、未菜!しっかりしてよ!
声がする方を見ると、咲羅が血だらけの未菜を抱きかかえていた。
武藤咲羅
誰か未菜を助けてよ!血が止まらないの!!
藍澤真咲
…咲羅、未菜はもう……
武藤咲羅
ねぇ、目を覚ましてよ!!
咲羅が未菜を揺すりながら涙を流している
そんな光景を見ていると心が痛くなった
学校…一緒だったんだろうな……
…一緒だったのに、目の前で殺されて…
未菜の脚の黒い30がすっと消えた。
武藤咲羅
!……未菜ぁ…
美竹友紀
未菜ちゃん…
周りを見渡すと既に戦いは終わっていた
そこには…血を流し倒れてる武光もいた……
佐野悠哉
武光まで…
今村奏叶
クソ…っ…!
藍澤真咲
…取り敢えず、戻るぞ……
佐野悠哉
ああ…
重い足取りでロッジへと戻る。
07/26 21:00
To:GM
title:DEATH GAME
大人チーム→2140pts
1位→瀬良勝輝(910pts)
2位→伊澤駿(760pts)
子供チーム→3250pts
1位→神崎舞(1660pts)
2位→若槻翔馬(820pts)
〜21:15 食堂〜
食堂に行くと芹那さんがいた。
芹那
おかえりなさいです…
芹那さんは人数が少なくなっていることと、咲羅が泣いていることで察してそこには触れないでくれた。
今村奏叶
お腹空いたんですけど…作ってもらってもいいですか?
芹那
あ、勿論です!
急いで厨房に向かい、いなくなった。
倉持柊翔
……友紀ちゃんだっけ?
美竹友紀
あ、はい。
倉持柊翔
舞が怪我してないか見てもらってもいいか?俺が見るのは駄目だし…
美竹友紀
了解です。
友紀は神崎を背負い食堂の端に向かう。
それを見て心配したのか、咲羅も鼻を啜りながら友紀の後を追う。
藍澤真咲
舞ちゃん、少し変だったよな…
佐野悠哉
ああ…柊翔、分かるところまででいいから教えてくれないか?
倉持柊翔
勿論。