無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ス ト の 小 さ な お 姫 様





その後、癒やされながら帰りましたよ((誰





途中、寝顔可愛すぎて見てたら、事故りそうになりました((え






S n o w M a n side



ピコンピコンピコン









ピコンピコンピコン





ピコンピコンピコン





照「誰の携帯?うるさいんだけど」


蓮「いや、皆の携帯だと思いますけど」


康二「ほんまや、SixTONESからやん」







スノーマン「うぇぇぇぇぇぇ!?!?!?」





ラウール「なんすかこの可愛い子!!!」


辰哉「あら〜可愛いじゃないの」((


亮平「お丸さんがいるw」


大介「捨て子みたいでやんすよ」


翔太「シナモンより可愛いかも」


涼太「姫にふさわしい」







と、ストの小さなお姫様に夢中なSnowManでした









でもさ、通知がうるさいねん!! by康二




姫、今から会いに行くから待ってて by涼太






とSixTONES家ヘ行くことになりましたとさ








# ね く す と


夜の11時くらいから、3話だしま〜す