無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

246
2021/07/29

第9話

5話
💎西国


赤「 ねぇ北斗~ 」

赤「 聞いてる~?ねぇ北斗~? 」

黒「 ,,,,,, 」

なんなんだこの人は


毎日、毎日こうやって俺に話しかけてくる

本音を言えば、やめてほしい





赤「 なぁなぁ北斗!俺と戦おうよ! 」

黒「 ,,,,,, 」


緑「 ジェシー、ごめんな。北斗、練習でも
戦うの好きじゃないんだよ。」

赤「 あーそうなの?ごめんね 」



黄「 慎太郎~?
ちょっと本部に呼ばれちゃってさぁ
一緒に来てくれない? 」

緑「 俺は大丈夫だけど,,, 」

黒「 慎太郎、俺も行く 」

黄「 ごめんな。北斗、本部は極力少ない
人数で入んねぇといけないんだよ 」


緑「 ていうことだから
北斗、お留守番してて?大丈夫だから 」


黒「 ,,,わかった。早く帰ってきてよ 」

緑「 うん!頑張る! 」

黄「 ジェシー、
北斗と一緒に留守番してて 」

赤「 りょーかい 」


赤「 ねぇ北斗、ゲームする?
それとも映画とか見る? 」


なんでそんなに俺に構うんだよ


黒「 俺のことはどうでもいいから
好きなことしてて良いよ 」


赤「 うん!わかってる! 」



黒「 ,,,だから
俺と一緒に居なくてもいいんだよ 」

赤「 俺が一緒に居たいの 」


黒「 なにそれ 」


赤「 北斗って昔の俺に似てるんだよね。
だから、ほっとけなくてさ 」


黒「 似てる? 」


赤「 俺も昔はずっと一人だった。
一人でいることが当たり前だったし
信用できるのは自分の力だけだったんだ 」


赤「 だけど、みんなと出会って
みんなに教えてもらったんだ、
仲間の大切さとか色んなことをね 」


赤「 だから、次は俺の番。
みんなから教えてもらったことを
北斗と慎太郎に教えるんだ 」


赤「 覚悟しててよね? 」


なんて、笑いながら言える
ジェシーはすごいなと思った


黒「 なんでそんなに優しいのさ グスン 」

赤「 he!?北斗?どうしたの?
お腹痛いの?えーどうしよう💦 アセアセ 」