無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

236
2021/07/29

第13話

9話
💎西国


赤「 でね、町には色んな店があるんだよ 」

青「 絶対、北斗たちも気に入ると思うよ 」

黒「 本当?行ってみたいなぁ,,, 」


---

黒「 ねぇ髙地、 」

黄「 どうした? 」

黒「 俺、町に行ってみたい、 」

黄「 あぁ,,, 」
桃「 もしかして髙地言ってないの? 」

黄「 忘れてました,,, 」

桃「 はぁ、 」

黒「 ?? 」

黄「 わりぃ、みんな集合してくれ 」


赤「 なになに? 」


黄「 言い忘れていたんだが、
北斗と慎太郎は町に出ることが出来ない 」

黒 緑「「え??」」

青「 はぁ?なんで? 」

黒「 髙地、理由が、知りたい、 」

黄「 ここじゃあれだから、移動するぞ 」


赤「 別にここでもいいじゃーん 」
桃「 いいから行くよ 」

---


青「移動したことも説明してほしいけど
なんで二人が町に行けないんだよ 」

黄「 二人のことは極秘なんだ 」

赤「 ゴクヒ? 」

黄「 あぁ。二人のことを知っているのは
国王と俺らだけなんだ 」


黄「 加入したことを知るものはいるかも
しれないが、それが北斗と慎太郎のことだということは、バレないようにしなければいけなかったんだ。 」


黄「 ごめんな。こんな大事なことだった
のに、伝えるの忘れてて 」

緑「 全然大丈夫だよ。」
黒「 教えてくれて、ありがとう 」


桃「 良かったね、二人が優しくて 」


青「 で?なんで移動したの? 」

黄「 それは、この国に
スパイがいる可能性があるからだ 」

全-黄「 はぁ!? 」

黄「 前に、俺らの情報が漏れているという
報告があってな。」

赤「 だから、監視カメラのない
ここにしたってことね 」

黄「 そういうこと。だから、
これからは作戦会議等はここで行う 」

全-黄「 了解 」


---


黒「 慎太郎? 」

緑「 どうした? 」

黒「 俺、みんなにあのこと話そうと思う 」

緑「 そっか,,,
俺は北斗の味方だからね、
みんなも絶対わかってくれるよ 」

黒「 頑張る,,,けどそばにいて 」

緑「 うん。北斗ならできるよ 」

黒「 コクッ 」