無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第53話

magic of love 3
コンパートメントの外を通る子はみんな外国の子ばかり。

「無理…話しかけるのも無理…」

ほんとどうしよ、7年間1人はきつい。

頭を抱えてたら扉が空いた。


「ね、ほか空いてるところないんだけど一緒にすわっていい?」

「ど、どうぞ!」

「さんきゅ!」


友達…なれるかな?!




「あ、あの…」

「ん?」

「あの、俺、藤枝仁です」

「えー!日本人?!俺も俺も!寺島っていうんだ!」

「えっ?!」

「良かった、日本人俺だけだと思ってた!仲良くしような、えーっと…じんたん!」

「うん!あ、俺なんて呼べばいいかな」

「みんなにはテオくんって呼ばれてるよ」

「じゃあテオくんでっ!」




やったぁ、友達出来た、しかも日本人の!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る