無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

スカイピース短編集
前のチャプターへ戻る

第43話

I miss you so bad 2
その日はなんだかやる気が出なくてダラダラと過ごした。




ゲームをしてると、通知が来た。


「テオくん試合終わったのか」



そこには仲間と肩を組んで楽しそうに笑っているテオくんが写っていた。

【試合終わった!ハラハラしたりドキドキしたりで楽しかった
また来たいな
明日と明後日は観光楽しむだけだぜ!】





「楽しそう」





俺が居なくても、すごく楽しそう







編集しよう





編集に集中してたら変な事考えることないよな






――――――――――――――――――――







「おわったぁ~~…」




時計を見るともう夜の3時。




「え、もうこんな時間!?」


明日はなんもないしゆっくり寝れるな~、なんて考えてたら、バイブ音が鳴った。



【じんたんー?ねてんのー?】



テオくんに返事返すの忘れてた…。


でももう返す気力ない…。




俺はそのまま気絶するようにベッドに倒れ込んだ。



「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡