無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

スカイピース短編集
特に行く宛もなくフラフラと歩き続けた。

涙が枯れるまで泣いた

涙が出なくなって、それでも苦しさは消えなくて。

ふと前を見ると知らない所に立っていた。



お金が無いからホテルに泊まることも出来ないし、どうしよう………、








「じんちゃん?」



振り得るとそこにはみやが立っていた。




「じんちゃんこんな所で何してんの?」


「みや………っ」


「え?!何で泣く?!ちょちょちょ、」

「みやぁ~~~…」


「何何?!どしたの?!」


みやを見た瞬間枯れてたはずの涙がボロボロと溢れ出してきた


俺の大荷物を見てきっと分かってくれたんだろう、とりあえず俺んち泊まれよって肩をポンポンと叩かれまた涙が出た。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡