無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

スカイピース短編集
前のチャプターへ戻る

第15話

おさけ7 ※R18
「じんたん…っ、好きだ、」


腰を振りながらじんたんの首に噛み付いた。

「も…いく…っ」


じんたんは俺の背中に思いっきり爪を立てて声を絞り出す様に言った。










「一緒にいこ…」





「っ…ぁぁぁぅっ」



「っ……、」



じんたんの先端から白濁した液体が飛び出して
中がきゅっと締まって、俺も我慢できなくて果ててしまった。

















「っはぁ、はぁ、も、むり…」

じんたんがぐたっとして力なく目を瞑っている。

久しぶりなのに無理させすぎたかな…。





「ごめんな、大丈夫?」

じんたんを抱きしめて頭を撫でながら顔を覗き込むと











「大丈夫…




だけど恥ずかしいからこっち見ないで」


そう言って赤くなった顔を隠すじんたんが可愛くて仕方ない


「超可愛かったよ~?」




そういったら






「テオくん…




俺も好きだよ、」








いや、可愛すぎか。


頬にチュッとキスをしたらちらっとこっちを見てにへっと笑った。







俺のこと殺す気?
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡