無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

写真4 ※R18
「っテオく、」

テオくんの顔があるはずのそこに手を伸ばすと、頬に手が当たった。



愛しさを込めて頬を撫でた


手を掴まれて、唇が当たる感触がした。


それと同時に俺のソレを握られて、上下にゆっくりと擦られる。




「っ、ぁっ、ぅ、っはぁ、はぁ、んっ、」




気持ちよすぎて意識飛びそう。


「っだめ、イっちゃう…っ」





テオくんが手を離した。


「っん、も、意地悪しないでっ、」





足を開かされて、穴の周りを撫でられる。



「っテオくん、はやく…」


「変態」


俺のアソコに指が侵入してきてぐちゃぐちゃに掻き回される。



「あっ、ぁん、っはぁ、」




気持ちいい





でも足りない





もっと…



急に俺の体が跳ねた。




「っあ!テオくん待っ、そこだめっ!ゃぁ…っ」



俺の気持ちいい所を集中的に攻めるテオくん



「っだめ、ぁ、っんぁ、いっちゃう…っ」


テオくんが耳元で

「イけよ」

そう囁いた






「っ、……!」

何かが来るような感覚の後に俺の穴が締まる。



「じんたんめっちゃ出てる、目隠しされて興奮してんの?」

「っちが、」

「違うくないくせに」



テオくんの楽しそうな笑い声と


テオくんがチャックを開ける音が聞こえた。



そして




テオくんが俺のアソコに先端を押し付ける。




「っ、まって、今イったばっかだからっ、」



「もう待てないよ」

そう言ってゆっくりと中に入ってくる。



やばい……気持ちよすぎておかしくなりそう…。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る