無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第54話

magic of love 4
「じんたんなんでホグワーツに?」

「俺は親がダンブルドア大好きで…」

「あーうちも一緒だわ」

話してるうちにあっという間に学校に着いた。

「寮どこになるかなー」

テオくんは…グリフィンドールっぽいな。



案の定テオくんはグリフィンドールになって、なんと俺もグリフィンドールだった。

「じんたん一緒だね!」
「うん、一緒!」

それから美味しいご飯を食べて、グリフィンドール寮に行って、部屋も一緒で…時間なんて忘れちゃうくらい楽しかった。




入学して3ヶ月くらいが経った。



一人の女の子がテオくんを呼び出した。



告白かな、



「告白だろーな」
「だよね……
ってええ?!誰?!」


「俺ケリー。リサ俺狙ってたのになー」

ケリーが指さした女の子は確かに可愛くて、大人びてて、スタイルがよかった。






あー、もやもやする。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る