無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

スカイピース短編集


「また1年よろしくな!」



「うんっ!」




屈託のない笑顔を向けられて胸がドキドキする。










じんたんは余り友達が居ないみたいで、俺にぴょこぴょこついてきてほんとに可愛い。


俺が必要なんだなって分かるから、嬉しい。







好きだよ。






「テオくーん、一緒に…」



「寺島ー!今日カラオケ行くだろ?」


「あ…」

「あー、わりぃ、藤枝と一緒に帰る約束してるから!」


そう言ってちらっとじんたんを見ると、すげぇ嬉しそうに笑ってるから、緩む頬を抑えて


「じゃあ、またあしたな!」

そう言ってじんたんと肩を組んで教室を出た。





「よかったの?」



ニコニコしてるじんたんが顔を覗き込んでくるから、


照れた顔を見られたくなくて




「いーんだよ!」



そう言ってデコピンした。




「いたい…」


ムスッとしててもかーわい。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡