無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

BEST FRIEND 5
彼女に振られたってテオくんが俺に言った。



「…なんで?」

「『私じゃない誰かを見てる』って言われた」




いつか言おうと思ってた。


テオくんの隣がいつか空いたなら僕を見てほしいって


テオくんの手を握って伝えたい



1人繰り返す言葉「ねぇ、俺がテオくんのことどれだけ好きか気づいてる?」って。


君にいつか言えるかな「テオくんが世界で1番大切で大好きだよ。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る