無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

写真3 ※R18



「っ……んぅ、…ぁ、」

テオくんの舌が口に入ってきて、俺の口の中を掻き回す。






視覚を奪われている分体が敏感になってて、キスでも勃っちゃうくらい気持ちいい。


苦しくなってきて、テオくんの胸をトントンと叩くと唇が離れた。

「テオくん…、」

返事の代わりにまた軽くキスをされた。


テオくんの手が服の中に入ってきて、胸の突起をすりすりと撫でる。



テオくんに可愛がられまくったそこはもう既に俺の性感帯の1つになっていて、だらしない声が出た。



「っぁう、んんっ、」



カチャカチャという音がして、ズボンとパンツを脱がされる感覚。


太ももをなぞられる






その先の快感を覚えてるから、アソコが期待で疼く




欲しい







テオくんが欲しい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る