無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第79話

名前
ねおちゃんとのコラボを見て思いついた小説です。

セリフだけですが少し描写があるので背後注意で!


途中で出してごめんね?

またすぐ檻書き始めマス。








----------------------------------------------------------










君との他愛もない会話が好き





「ねーじんたんティッシュ取って」
「ういよ」
「最近鼻水すごいわぁいっ」
「wwwwww」




君とする真面目な話が好き




「俺さぁ、じんたんとスカイピース組んでさ、こうやって毎日投稿するのすげぇ大変だけど、毎日楽しいよ」
「俺も楽しいよ?」
「これからもがんばろーな」
「うん!」





君の馬鹿な所が好き



「じんたぁん俺のメガネ知らない?」
「知らないよ~」
「どこ置いたかなぁ……あ、あった」
「何処に?」
「トイレの中」
「何故wwwwww」




君の優しさが好き




「じんたん」
「ん?」
「そんな落ち込むなよ
次は俺も一緒にやらせて?」
「……うん」





君の全部が好きだよ


君は優しくて可愛くてかっこよくて面白くて



俺の最高の彼氏だよ


ねぇテオくん




テオくんと居るとね、自然と笑顔になれるんだ



無理して作った笑顔も本当の笑顔になるんだよ



君の隣は落ち着くんだ











でもね、一つだけ、一つだけだよ?


落ち着かない時があるの。




それはね…

















「っはぁ、ん、じんたん…っ」
「んぅっ、っぁ!」
「きもち?」
「っぁん、きも、ちぃ…っ、きもちいからぁ…っ



イかせてよぉ…っ」


「ふふ、かーわい、一緒にイこ?」

「っぁあ!あ、あ、おく、おくだめぇっ、いく、いく、いっちゃう…っ」


「っん、いいよ、イって」


「っぁ、ぁ、ぁ、ぁ、……っぁぁぁんっ」


「じん…愛してる」










夜の君は何だか官能的だ








夜の君は俺の名前を呼びだがる





それだけが俺の心を揺さぶって落ち着いてなんて居られない








悔しいから言ってなんてやらないけど。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る