無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

スカイピース短編集
テオside




「テオくんコンビニ行くけどなんか買ってくるものある?」



「俺も行く!」



「そう?じゃあ行こっかぁ」



たくまが今日何食べてたとか、昨日のヒカキンさんの動画が面白かったとか、他愛もない話をしてる時間も幸せで仕方ない。





「あのっ…じんたんとテオくんですかっ?」



2人の女の子が声をかけてきた。



「いつも動画見てます、写真撮ってください!」



一人の子は俺のファンの子で、もう1人はじんたんのファンの子だった。





いいよーって、写真を一緒に撮って、ちらっとじんたんのほうを見たら









まって、距離近すぎない?









ほっぺとほっぺが当たるくらい近くて







胸がきゅってなった






コンビニでお菓子とか酒とか買って家に帰る途中にじんたんが「可愛かったな…」って呟くから







とりあえずデコピンしといた。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡