無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

境界線 6
「あんね…」

じんたんが小さい声で言った


「ん?」




「友達が家に来るの、嬉しい」

ニコッと笑うじんたんが可愛かった










友達、ね。









友達って言われる度に






じんたんとの間には絶対に超えられない境界線があるんだって思い知らされる







分かってるよ、そんくらい









結局俺は一睡もできなかった












――――――――――――――――――――





それから

慌ただしく季節は過ぎ去って


バレンタインの季節になった。



男子はソワソワ




女子もソワソワ




俺は、あの子じんたんにチョコあげんのかなっていうソワソワ



「おはよ~」


俺が教室に入ると女子が

「寺島これあげるー」

とチョコをくれた。

「お前wwwチロルチョコてwww」

「お返しはゴディバねwww」

いやー、いい友達に恵まれたよ(棒)



「あ、藤枝君おはよ」


ぱっと入り口を見るとじんたんが大きな袋持って立ってる。

「よー、じんたんなにそれ」

袋をのぞき込んだら袋分けされたクッキーが入っていた

「いとこと一緒に作ったからみんなにと思って…」


「ふーん、これだけなんかでかくね?」



一つだけ少しだけ違う綺麗にラッピングされた
箱があった。


「あっ、それは……」

そう言ってちらっとあなたさんを見るじんたん。

















ああ、そういうこと?





あの子に逆チョコ?






ほかのはカモフラージュって訳だ。





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る