第5話

Scene4
〜スーパーで〜


JU「あ、あれ美味そう。」
J「ジュネ離れないで、マジお前迷子になる。」
JU「なりませんよ!?」
J「煩い、」
JU「はい。」

…スーパーに来ました。クジュネ問題児すぎて俺もう辛いんだけど。

JU「で、何買うんですか。」
J「これ、」
と、ジュネにユニョンイから貰ったリスト読ませた。

JU「OKです。まず小麦粉ですね。」
J「うん、」
JU「俺持ってきます!」

大丈夫かなぁ …

JU「ヒョン!これ!」
と言ってジュネが見せてきたのは片栗粉。

J「お前…馬鹿なの?それ片栗粉。」
JU「……。知ってますよ!」
J「えぇ…」

嘘だろ彼奴絶対分かってないぞ。

J「あ、これ…」

あなたが好きなお菓子だ、…買っていったら喜ぶかな、
そう思ってそっとカゴに入れた。

JU「ヒョン、これで多分全部だと思うんですけど。」
J「ちゃんと見たの?」
JU「大丈夫ですよ!!」
J「じゃあ早く買って帰ろ。」

よし、これでユニョンイのチーズケーキが食べられる。
お菓子あげた時のあなたの顔、早く見たいなぁ。