無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

番外編 4

今日は梨花の結婚式。



私はピンクのワンピースを着た。






会場へ足を運ぶと、


多くは親族や会社の人であろう人だった。




ちらほらと高校の同級生もいる。




うーん、どうしよ。




紀平 茜
ねぇ、すずちゃんだよね!?
花村すず
あ、うん……

確かこの子は……



紀平 茜きひら あかねちゃん。




1年の頃に同じクラスだった。


紀平 茜
梨花と仲良かったもんね〜!
花村すず
うん。茜ちゃんも仲良かったよね。
紀平 茜
うん!


悪い子ではないんだけど





ちょっと落ち着きがないのよね。





この子。




紀平 茜
すずちゃんは検察官、なったんだよね?
花村すず
うん、茜ちゃんは何してるの?
紀平 茜
私はアパレルショップで働いてるよ。よかったら、今度店に来てね。
花村すず
うん。りょーかい。





そんなたわいのない話を終え、



式が始まり……






ウエディングドレス姿の梨花が出てきた。






綺麗……




高校の時とは全く違う





大人の梨花の姿がそこにはあった。










時は過ぎ、



いよいよブーケトスの時間になった。





多くの張り切る女性陣の中でも一際目立つのが……




茜ちゃんだ。




なんとも気合いの入り方が凄い。








私は別にとれたらいいかな〜と思う。






梨花がブーケを投げる。





あ、向こうに行っちゃった。



無理か。




と思ったそのとき。





なんとも、ナイスタイミングで風が吹き、





ブーケは私の頭上へ。





そのまま落ちてくる。







"スッ"




と私の手の中に収まった。






え……?





キャッチ……してしまった?









✱ ✱ ✱




斉藤梨花
すずー!!
花村すず
梨花〜
斉藤梨花
久しぶり!来てくれてありがとね!
花村すず
ううん、こちらこそありがとう。
斉藤梨花
にしてもさ、ブーケトス凄かったね。
花村すず
うん、マジで予想外。


梨花は久しぶりに話すけど、




あまり変わってないな。



斉藤梨花
だよね。
花村すず
うん。
斉藤梨花
あのさ、また話そうよ。
花村すず
そうだね。私も話したいこといっぱいあるし!
斉藤梨花
うん!
花村すず
あ、ウエディングドレス姿、綺麗だったよ。
斉藤梨花
……ふふ。ありがとう。




あぁ。



梨花とまた話せる。





楽しみだな。





今度、じっくり聞かないとね……


馴れ初めも、、
花村すず
ふっ……