無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
"ガチャ"







不登校の私は引きこもりのようになっているが、いつも必ず外に出てポストをチェックしている。



もう日課のようだ。






何故かって?







全てはあの手紙の真相を突き止めるため。






今日もポストの中には手紙は入っていない。






私はホッとするような、落胆するような複雑な気持ちに包まれる。











あの一通の手紙とあの樹吹の行動は私の人生を大きく変えた。