無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

数年後

私はまた夢を見た。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

町田樹吹
試験、頑張れよ。
花村すず
頑張るに決まってんじゃん。
町田樹吹
そうだな。
花村すず
樹吹も…………頑張ってね。

夢の中の樹吹は、ある企業に入ろうとしていた。


町田樹吹
面接には自信あるんだよな。
***





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あれからしばらく経った今でも、樹吹の夢を見る。




でも、その夢は私と樹吹、2人ともが生きてる夢で。



私はその夢に救われてる。





そして、勇気をもらう。




必ずその夢の中では、樹吹からのメッセージがある。




"周りの人を信じて生きろ"


"大好き。死ぬな。生きろ。生きろ。"


"諦めるな"


"頑張れよ"


"俺は見守ってる"




数々の言葉に励まされてきた。








今日は大事な試験がある。





私はブレスレットをつけた。






花言葉。







"夢かなう"






私に一番勇気を与えてくれるこのブレスレット。




試験のギリギリまででも、持っていたかった。





私は部屋に飾っている樹吹の写真、あの箱、ネックレスに




花村すず
いってきます。

といって、家を出た。








樹吹、頑張るね。