無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

一番に伝えたい人

あれから月日は経ち、




私は樹吹のお墓へ足を運んだ。


花村すず
樹吹……私、樹吹に一番に伝えたいことがあるんだ。

誰よりも早く伝えたかった。






樹吹に。



花村すず
私ね……検察官になったよ。



家族よりも、友達よりも……








一番に樹吹に伝えたかった。



花村すず
私……樹吹に励まされた。夢の中で。

あの言葉があったから




あの夢を見たから





いくつもの奇跡が重なって




私は今、ここにいる。






何度も壁にぶつかった。






でも、その度に樹吹が夢の中で、あのブレスレットで勇気を与えてくれた。




私を励ましてくれた。





花村すず
……私は樹吹に出会えてよかった。
樹吹が居てくれたからここまで来れた。




今伝えたいことは一つ。


花村すず
樹吹、ありがとう。



涙が溢れ出す。










……あ。





何か前にもこんなことあったな。





涙が止まらなくて。









私はしゃがんで、地面を見る。






こんな酷い顔……見せられないよ。








私は地面に涙の跡をたくさんつけて、家に帰った。