無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

決意
それから私は学校に行くようになった。



みんなといて、少し浮いている感じはあるけど、そんなことは気にしない。



学校に行く勇気をくれたのも、樹吹。





誰になんと言われようが、私はそんな樹吹の人生も背負ってる。




樹吹はそんなこと思わなくていいって言うだろうけど、私は…………



樹吹の命を背負ってるってことでもあるのだから





私は











夢を諦めない。