無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第104話

You
You
大丈夫だから、私はなんとも思ってないよ。ただ、オッパがこうやってそばにいてくれてるのが嬉しいよ、守ってもらわなくたって、大切な人を失うよりマシでしょ?
You
You
大切な人を失って、悲しい気持ちでいるよりもこうやって、大切な人と一緒にいれて笑い合える方がいいでしょ?
You
You
おっぱは何も悪くない、ただ、ここにいてくれるだけで幸せだよ
ゆんぎ
ゆんぎ
あなたッッ·····泣

















おっぱは数十分泣いてた、

















泣き終えたと思ったら急に













ゆんぎ
ゆんぎ
なあ、あなた知ってるか?











なんて言い始めた