無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第100話

ゆんぎside

















ねぇ、あなた?



いい加減、目を覚まして?



君が目を覚まさくなって2週間がたったよ、




君を刺した犯人は捕まったよ?




これからは君を守るから、




君を失いたくないよ



ねぇ、早く、目を覚ましてまた、
















ゆんぎおっぱ!
















って、そう笑顔で叫んでよ





君がいない日は退屈だよ






armyも心配してるよ?






じょんぐがなんてご飯をまともに食べてないよ、











俺らにはお前がいるんだよ、










ゆんぎ
ゆんぎ
お願いだから、早く目を覚まして



















俺はそう言って,眠っているあなたの手を握った


















おはよ、ゆんぎおっぱ_________