プリ小説

第9話

通知
しばらくしてから、
ピコンッと通知音がなった
多分、あれは、瀬奈のパソコンからかな
日菜
日菜
瀬奈ー!通知きてるよー
瀬奈
瀬奈
了解ー! んー、ん?…
日菜! ヤバイ!
そう言って、画面を見せてくる
__________________________________________

コメント欄
__________________________________________
《Noël》
こんにちは!m(._.)m

小雨さんが企画した件が気になったので、
連絡してみました!

枠はまだ空いてますか?
--------------------
《Rukawa》
小雨さん、こんにちは〜

企画の件ですが、人数まだ大丈夫そうですか?
大丈夫そうでしたら、
後輩も、お願いしたいんですけど……

--------------------
《SERI》
小雨さん、こんにちは。

企画の事をお願いしたいのですが、
いいですか?
__________________________________________
瀬奈に言われるがまま、
画面に目を通すと、そこには、
3名からのコメントがきていたのだ
日菜
日菜
って事は、住居者が集まったって事!?
瀬奈
瀬奈
うん!多分だけど、返信してみる!
瀬奈が器用にパソコンに打ち込んでいく

パソコンだけは、器用なんだよな〜(苦笑)

パソコンだけは!←
__________________________________________

返信欄
__________________________________________

>>>>Noël・Rukawa・SERI
こんにちは! 全然、空いてますよ!
__________________________________________
瀬奈
瀬奈
日菜ー!
瀬奈が嬉しそう声を掛けてくる
日菜
日菜
んー? どーした?
もしかして、OK貰えたのかな?…
瀬奈
瀬奈
なんと、4人集まったよ!
あ、ビンゴ…
日菜
日菜
おぉ!そっかー!やったね!
瀬奈
瀬奈
うん!
「『イェーイ!!』」

瀬奈とハイタッチしながら、喜んだ
瀬奈
瀬奈
もう、疲れた〜
日菜
日菜
だね、まぁ、夜遅いしね
また、明日たね!
瀬奈
瀬奈
はーい!また明日!
そう言葉を告げ各自の部屋へ戻った
日菜
日菜
あー、疲れたー
部屋に入り、ベッドにダイブした
日菜
日菜
この生活に、あと4人加わるのか…
結構、賑やかになるな〜(苦笑)
そんな事を思いながら、

私は瞼をとじたのだった



・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚
作者の独り言
Bunny💫
Bunny💫
一昨日は、、、
Bunny💫
Bunny💫
🎉龍さん(アイナナのキャラ)の誕生日🎊でした!!
Bunny💫
Bunny💫
もう、かっこよすぎですね!! はい!(笑)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Bunny💫
Bunny💫
どうもー!Bunny💫です 初心者ですが、 小説を書いていこうかと思います!*ˊᵕˋ* 受験生なので、更新は、遅くなりますが、 ご了承ください。m(._.)m これからも、よろしくです!₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎