無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

90
2018/09/29

第5話

〜newsの優しさ〜
3時間ぐらいたって
夏美
夏美
何時だろ?んー12時か、何か食べないとダメだよね
そんなこと思っていると
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
おまたせー!まっすーから聞いたよ、夏美ちゃんが風邪引いてるって
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
風邪をひいた時は消化のいい物を食べないとね!
夏美
夏美
来た早々迷惑をかけてすみません
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
いいんだよ!さあさあ食べて
夏美
夏美
いただきます!
美味しいです
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
よかったー!なんか食べたいものがあったらなんでも言ってねなんでも作るから!
夏美
夏美
ありがとうございます
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
じゃあゆっくり休んでね
加藤さんはお皿を持って私の部屋を出た
夏美
夏美
みんなやさしーなー
少したってドタドタと誰か来る音が聞こえた
すると私の部屋のドアが開いた
小山慶一郎
小山慶一郎
夏美ちゃーん!!風邪をひいてたって本当?!
夏美
夏美
すみません迷惑をかけたくなかったので黙ってました。
小山慶一郎
小山慶一郎
朝ちょっと元気なさそうだったもんねー!我慢しなくていいんだよ!
夏美
夏美
はい。ありがとうございます
小山慶一郎
小山慶一郎
なんか欲しいものない?
夏美
夏美
いえ、大丈夫です
小山慶一郎
小山慶一郎
そっか、欲しいものあったらなんでも言ってね!
小山慶一郎
小山慶一郎
ネコでも連れて来るから(笑)
夏美
夏美
はい!
夏美
夏美
やっぱりみんな優しいなー
小山は私の部屋を出た




1時間後ー
誰かが歌いながらこっちに近づいてくるのが分かる
それは手越さんだってすぐ気付いた
手越祐也
手越祐也
夏美ちゃーん!!!サッカーしよー!!
手越は私が風邪引いてるってことは知らない
手越祐也
手越祐也
あれ?夏美ちゃんどうしたの?
夏美
夏美
風邪引いちゃいました
手越祐也
手越祐也
えー!夏美ちゃんとサッカーしたかったなー!
夏美
夏美
すみません
すると他の3人が私の部屋に来た
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
手越!!病人にサッカーしよーなんてサイテーだぞー!!
手越祐也
手越祐也
俺知らなかったんだもーん
小山慶一郎
小山慶一郎
しょうがないなー
増田貴久
増田貴久
夏美ちゃん体調どう?
夏美
夏美
だいぶ良くなりました。みなさんのおかげです
自分の体調が良くなったせいかやっと男の人たちの正体を思い出した。
この4人はnewsだってことを