無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

67
2018/09/29

第7話

いろんな一面パート
遊園地から帰ってきて
私は疲れてベッドに横になっている
夏美
夏美
あー!つかれたー!
すると手越さんが
手越祐也
手越祐也
ねー!サッカーしよ!
手越さんの顔が私の目の前に!
私は驚き
夏美
夏美
わー!
手越祐也
手越祐也
そんな驚く?
夏美
夏美
驚きますよ
手越祐也
手越祐也
それよりサッカーやろ?
夏美
夏美
すいません、今日疲れちゃってー
手越祐也
手越祐也
元気になったら一緒にやるって言ったじゃーん
手越さんがわがままを言う
夏美
夏美
わかりました。やりましょ!
手越祐也
手越祐也
よっしゃー!
私と手越さんは外に出て始める
手越祐也
手越祐也
はいパース
夏美
夏美
はい!
手越はやっぱりうまい
私は手越さんに
夏美
夏美
手越さんはいつからサッカー始めたんですか?
手越祐也
手越祐也
確か3歳ぐらいからだった。
それからずーとやってる
夏美
夏美
そーなんですね
手越さんはサッカーの話を語っている
私はそれを頷きながら聞いている
夏美
夏美
手越さんこんな顔するんだー!
心の中で思っていたはずが声に出してしまった
手越祐也
手越祐也
なんかいった?
私は慌てて
夏美
夏美
いえいえ!なんでもないです
自分の顔は少し赤い気がする
恥ずかしい
心の声が漏れてたなんて
でも本当にそう思ったのである