無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25
そのあとは 何も無く普通に走って帰った
そして 朝
(なまえ)
あなた
ん、、今何時だ
 4 : 28
(なまえ)
あなた
早く起きなきゃ 、、
リビング
ソジン
ソジン
あなた?おはよう
(なまえ)
あなた
おはようございますー
スヒ
スヒ
あなたが最後なんて珍しいねー
ミジョン
ミジョン
そうですね、
(なまえ)
あなた
疲れちゃってたみたいです ㅋ
マネオッパ
マネオッパ
大丈夫?
(なまえ)
あなた
はい、いつから居たんですか
マネオッパ
マネオッパ
ちょうど今だよ
スヒ
スヒ
私たち女の子ですが
マネオッパ
マネオッパ
気にしないの 〜
連絡しても気づかないしさ
ソジン
ソジン
忘れてただけです
マネオッパ
マネオッパ
それがダメなんだよ^^
マネオッパ
マネオッパ
あ、出発時間は 5 : 30 だからね
(なまえ)
あなた
早く着替えなきゃ
スヒ
スヒ
まだ私服でいいんですよね?
マネオッパ
マネオッパ
うんー
今日ちょっと暑いからね
ミジョン
ミジョン
はーい
(なまえ)
あなた
( 何着ようかな )
(なまえ)
あなた
( これで良いや )
マネオッパ
マネオッパ
みんなー今 5 : 00 だからねー
スヒ
スヒ
わかってますー
(なまえ)
あなた
まだ暗いですね ー
マネオッパ
マネオッパ
んーそうだね 、
5 : 30
マネオッパ
マネオッパ
そろそろ行くよ 〜
ミジョン
ミジョン
あ、はーい
スヒ
スヒ
ミジョナ 〜 、香水忘れてるよ 〜
ミジョン
ミジョン
あ、すいません
ありがとうございます ㅋ
(なまえ)
あなた
行きましょう 〜
────────────────────────