無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

彼 女 枠 、埋 め て !!
廉「あー、リア充なりてー」
私「廉、常に彼女いるねんから、少しいなくなったら、すぐそーやってゆーやん」
私「モテ男は、羨ましいですぅー」
廉「もう1回言って?」





なんて喋りながら、学校から帰ってきた。
廉は、引っ越してきてすぐ仲良くなった友達。
まあ、親友ってとこかな…。


そんな廉に少し好意を持ってるのだが、この関係が崩れるのが怖くて、なかなか告れずじまいでいるのだ。



ある日……




廉「(LINEで)○○公園来て。」
私「わかった。」



廉からの突然の呼び出し。
少しドキッとした。
廉は前カノと別れて珍しく2ヶ月彼女なし。
その悩みかなと思いながら、公園へ。




私「廉、どうしたの?」
廉「大事な話がある。」
私「大事な話って、どうせ彼女出来ました報告でしょ?」
廉「今回は違う。結構大事な系。」



廉「……俺、引っ越すんだ。」
私「(言葉を失う)」
廉「聞いてる?笑」
私「聞きたくない。だって廉は私の……」
廉「私のの続きは?」
私「いいや。何も無い。」
廉「それでやねんけど……」
私「……何?」



この続きが怖かった。
もうバイバイになるのかと思って……


廉「あのさ、俺……」

廉「お前が好き…かもしれん」
私「…!!」

廉「今までたくさん彼女作って来たけど、それは…お前に嫉妬して欲しかった。」
私「嫉妬、ずっとしてたよ。」

廉「じゃあさ、俺の彼女枠埋めてくれへん?」
私「遠距離なっても、ずっとその枠は私専用でお願いしていい?」
廉「うん。」





今日から廉は私の彼氏…



___彼 女 枠 、 埋 め ま し た 。