無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

💕
浮所飛貴
久々にかえってきたなーーー
みき
ひだかの部屋ひろいねww
浮所飛貴
そう??でもうちのおじさんとおばさん大きい不動産のお仕事してるからかもw
みき
ええええ―――ちょっと待ってそうだったの
浮所飛貴
うちの母親も父親もそれ関連のお仕事やってるから俺に厳しくてできないと俺の事殴ってさ
みき
そうだったんだ
私はひだかのお話を黙ってずっと聞いていた
浮所飛貴
あ!!ごめんごめん俺から誘っといて今ジュース持ってくるね(^▽^)/
ひだかがジュースを持ってくると同時に叔母さんが来た
叔母さん  ひだかの事助けてくれたんだって?ありがとうねみきちゃんひだかね前の学校でいろいろあって立ち直れなくて難易も話してくれなかったんだけどみきちゃんや那須くんたちの話電話でしてくれたのよみんなのおかげよwとくにみきちゃんのことなんかかわいいっていってるんだからねw
叔母さん ひだかの事よろしくね
みき
はい!!
浮所飛貴
え??何話してたのwwww
みき
何にもないよ女子トーク
浮所飛貴
えええなんだよそれwww
私たちは部屋に入った
部屋に入るとひだかが後ろからバックハグしてきた
ギュっ
浮所飛貴
俺本気だよ!!みきの事幸せするって決めたからみきは那須の事が好きなの??俺は絶対あきらめないから
みき
え??待ってよひだか私わからないよ
浮所飛貴
みきは鈍感なんだねwwみんなみきの事すきだよ?
私はドキドキが止まらなかった!!
みき
そうか!ありがとう!!だけど考えさせてごめん今日は帰るね
浮所飛貴
わかった 俺今日ここにいるからみんなに伝えて
みき
う、ん