無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

保健室
私はそのあとの記憶がない私が浮所くんの事を悪く行ってる人の事を探し出そうとして過呼吸になった後からだ
みき
ん?ん、、あ!!保健室
私が起きると隣に浮所君がいた
浮所飛貴
ん??あ!!起きたのよかった急にみきちゃん過呼吸になるからびっくりした大丈夫??
みき
うん!!ありがとう私情けないね人の事守れないなんてw
浮所飛貴
ううん俺さ嬉しかったよ親にも見捨てられてるし前いた学校でもそのことで人を信じてもらえなかったしだけどこっちに来てみんなと出会ってうれしかったよ俺みんななら信用していい気がする正直まだ不安はたくさんあるけど
健人
みきよかったーーお前無理するなよwww自分の過去の事思い出すんだからwwwwフラッシュバックするんだからさ無理しないで那須達頼れよwwww全くwwwww
直樹
みきちゃん大丈夫??そうだ!!さっきのネットの件あれさ犯人わかっていま先生とお話してるよw
ほんとに俺ら頼ってね
佐藤龍我
みきちゃーーーーーーん大丈夫???ほんとによかった俺みきちゃんいなくなったら生きていけないよ―――
那須雄登
みき大丈夫??ほんとに無理しないで
大昇
ミキ―――大丈夫??
みき
みんなありがとう!!私は大丈夫だよ(^▽^)/
金指一世
よかった
みき
そうだ!!浮所君私たち浮所君に何があったかはわからなよだけど私たち浮所君の友達だからね確かに前みたいなことがあったから心配なのもわかるけどここにいる人達信用しても大丈夫だよ(^▽^)/
大昇
もちろん(^▽^)/
金指一世
うん!!
直樹
(^▽^)/
那須雄登
(^▽^)/
ななせ
待った―――――私も忘れないでねwwwwほんとに世話かけるなバカみき
浮所飛貴
フフッ みんなありがとう