無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

433
2021/11/10

第52話

相談

??「もしもし?」










ひな『……場…地、?』

場地「おぅ、…元気、か?」

ひな『うーん……ぼちぼち…かな?』

場地「ごめんな」

ひな『え?何が?』

場地「お前…俺と喋る分だけ、その……嫌なことされてんだろ?」

ひな『、ぇ』

ひな『や、やだなぁ〜そんな訳ないやん!(笑)』

場地「なら、なんで俺の事避けたり無視すんだよ?」

ひな『!ぃや…それは……ですね、?』

場地「俺、千冬から聞いてんだよ」

ひな『ぇ……千冬、?』

場地「おぅ、お前、隣のクラスだろ?だからよ千冬が、刹那は来た後絶対ひなのクラス行くって言っててよ。よく考えりゃお前アイツと仲悪ぃハズだろ?なのになんで行くんだって考えたら、この前千冬の読んでる少女何とかってやつでイジメってやつ見たんだよ。だから、それやられてんじゃねぇかって思った。ジャージ貸したあれもだろ?水遊びじゃなくてかけられたんだろ?」

ひな『……、場地さんのくせにッ』ボソッ

場地「あ?なんか言ったか?」

ひな『いや…何も』

場地「あ、そうだ、すまんひな。俺アイツらにもこの事言っちまったわ」

ひな『アイツら?』

場地「マイキー達」

ひな『あー……そうな…え?』

場地「からかってねぇぞ?」

ひな『…………はぁぁ!?!?』

場地「ぅおっ!?何だよ!」

ひな『はぁ?言った?マイキー達に?なんで??関係ないでしょ???』

場地「ぃやだってよ?マイキー達、俺にお前の様子?聞いてくんだよ!だから……つい言っちまった…ダメだったか?」

ひな『ついって……ダメも何も変な心配かけるだけやんか!様子聞いてくんだよっつってもよ?なんで聞いてくんの?』

場地「お前が心配だって。俺もなんでだって聞いたら分かんねぇってよ。悪ぃよ。でもよ?俺言ったろ?なんでもいいから相談しろって、あれマイキー達も入ってんだからな?」

ひな『んん?意味分からん。第一うちマイキー達とは友達辞めてるし……』

場地「俺も分かんねぇ!」

ひな『何で!?……まぁもういいや。それよりさ、“なんでも”相談していいんやんな?』

場地「あ?おう」

ひな『……皆に…願い、聞いてもらったりとか…出来ると思う?』

場地「?願い?」

ひな『うん。うちの願い』

場地「??あー…いけんじゃねぇの?お前のこと心配してんだから、話くらいは聞けるってことだろ?」

ひな『…………そーか!なら、今日から1週間後、〇〇病院の屋上に皆連れてきて?』

場地「は?病院?」

ひな『うん。病院』

場地「なんで?」

ひな『それは言えない。けど何か……思い出してくれたらなぁって』

場地「?思い出してくれたら?なんの事だ?」

ひな『ッ…ううん。別にこっちの事。』

場地「?わーった…伝えとく」

ひな『うんありがとう。あーそうだ』

場地「まだあんのか?」

ひな『いいじゃん。久しぶりに喋れたし。』

場地「…………短めな」

ひな『はーい。なんでもやったらさ?』

ひな『…………恋相談!とかは?』

場地「!ッあ??ふざけんな!なんでそんな相談なんだよ!俺に聞いても意味ねぇじゃねぇか!」

ひな『うん。知ってる!経験無いもんね!』

場地「お前……ぶっ飛ば((」


















ひな『…死にたい。』ボソッ





場地「!」

ひな『やーっぱりかー場地さんに恋愛はまだ早いんだな……』

場地「……」

ひな『?場地ー?さん?』

場地「許さねぇからな」

ひな『え?』

場地「死ぬとか、俺は絶てぇに許さねぇ」

ひな『……フッ大丈夫!冗談!死ぬ訳ない!てゆうか普通に怖い。』

場地「…ホントか?」

ひな『うん。マジ』

場地「……なら良いーんじゃ、オフクロが呼んでっから俺行くわ」

ひな『はーい。ありがとう、場地さん』

場地「……んー……おぅ」



ピッ







最後のんーは何だ?

死にたいって言ってももう死んでるからな……こっちの世界では死ぬってよりかは物理的に消える()

病院の屋上……最後もそうだったなー、キッカケに…なってくれたらいいな





ナーンてね笑
























NEXT







ちょっと書いてて分かんなくなった作者()

病院の屋上へ呼んだのは……カンナギっちなりの策があるからなんですよ?
上手くいくかは分かりませんけど

次回は幸せになる事
です!短いかも……って言って長くなるのが作者ですね!
分かりません!
ではでは!おつなつでーす!!