前の話
一覧へ
次の話

第1話

キャラ設定
チクッチクッ
時計の針の音がする。
チクッ時計の針と針が重なり合った。
ママ
ママ
お誕生日おめでとう🥳🥳🥳
紅雨  美月
紅雨 美月
ありがとう!ママ!
パパ
パパ
おめでとう🎊
紅雨  美月
紅雨 美月
パパもありがとっ!
ママはとてもオシャレ。
黒いストレートの髪を背中まで生やしていて、赤いワンピースを着ている。長い足を出し、肩をピカピカと出している。
ママ
ママ
もうすぐお別れなんて悲しいわ😭
紅雨  美月
紅雨 美月
え?お別れ…?
ママ
ママ
え?
紅雨  美月
紅雨 美月
え?
ママ
ママ
パパ…?
ママ
ママ
もしかして…
ママ
ママ
言ってないの?
パパ
パパ
Σ:(;゙゚'ω゚'):ギクッ!
紅雨  美月
紅雨 美月
(ママ…ものすごく怒ってる…())
ママ
ママ
はぁ(´Д`)
ママ
ママ
もういいわ。私から言う。
ママ
ママ
あのねぇ。美月?今からしばらくパパとママとはお別れなの…
紅雨  美月
紅雨 美月
え?
ママ
ママ
ママとパパは魔法使いと人間のハーフなの。
紅雨  美月
紅雨 美月
うぇぇぇ?
ママ
ママ
それでね。あなたは今から魔法の国で一人暮らしするの。いや二人?
ママ
ママ
とにかく時間が無いわ。急いで準備して。
ママ
ママ
13歳の誕生日の日。1時に魔法の鏡の前に立ち、呪文を唱えると魔法の国につくわ。
ママ
ママ
服は持って言ってはダメ。生活品はだいたい揃ってるから。
ママ
ママ
まぁ。
ママは息を吸い込んだ。
ママ
ママ
あと40分しか!
ママ
ママ
パパ。魔法の鏡を!
パパ
パパ
わかった!
紅雨  美月
紅雨 美月
ちょ。意味わかんない!
ママ
ママ
大丈夫!執事がいるから!
紅雨  美月
紅雨 美月
……羊?
ママ
ママ
執事!