無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14.オフの日④
pm10:21

あなたに振り回されてます、THE RAMPAGEです。
❤︎
❤︎
見てみて、猫ちゃん
(樹に猫の動画を見せる)

「ん、かわいい(笑顔)。俺ん家の猫の動画見る?」
❤︎
❤︎
いーの?やった、見るー!
(樹の隣に座って動画を覗き込む)

「かわいいでしょ」
❤︎
❤︎
かわいー!
RMPG
「なんだ?さっきとは違って微笑ましいぞ…?」
慎
(むっ…)僕も好きです、猫!
❤︎
❤︎
?・・・私も好きだよ〜
慎
(い、今のは“猫が”好きって話だから、
勘違いすんなよ、自分っ…!!)
❤︎
❤︎
まこっちゃん
慎
❤︎
❤︎
まこちゃん
❤︎
❤︎
慎くん!
慎
ど、どうしたの(酔いすぎ?)
❤︎
❤︎
まことぉー……
(慎に向かって手を伸ばす)
慎
ん?///(あなたに近づく)
❤︎
❤︎
抱っこ…(慎を見上げる)
慎
だっ!?!え、あっ、抱っこっ…?///
RMPG
「(はーん?なるほどねぇ、あなたも本当は…)
おい慎ぉー、抱っこしてやれよ(ニヤニヤ)」
慎
からかわないでくださいよ///
❤︎
❤︎
してくれないなら、いい…
かずまくんにしてもらう
壱馬
壱馬
っ俺かよ!(笑)
はいはーい。じゃあ抱っこしまーす
(にやにやしながら慎を見る)
慎
僕がしますっ!
壱馬
壱馬
おー残念(棒読み&待ってました)
慎
あの、あなた?
だ、抱っこしてどこに行くの?
❤︎
❤︎
ベッド!
RMPG
「ブッ!!!!(吹いた)」

「ベッドかよwあ、眠いんじゃない?」

RIKU
「あなたもしかして、泊りたい…?」
❤︎
❤︎
うん!
壱馬
壱馬
え、俺臣さん連絡するわ
慎
どこで寝るの?
あ、俺らはどうしたらいいんすか?
壱馬
壱馬
流石に一緒には寝れねーよな(笑)
❤︎
❤︎
一緒に寝ないの〜?
慎
それは、ちょっとまずい、デス
❤︎
❤︎
まこっちゃん、顔赤いよ?暑い〜?
RMPG
「あなたって、酔うと天然悪化するのかな」

「可愛いけど、天然さが怖いなぁ(笑)」
慎
ほら、行くよ(手を引っ張って抱っこ)
❤︎
❤︎
んふふ、まことぉ〜?ありがとっ
慎
はい…/// ・・じゃあ、
とりあえず俺のとこ寝かしてきます
RMPG
「襲っちゃだめだぞー!」
慎
わっかってますよ!しません!
◇慎たちの部屋にて◇
❤︎
❤︎
ん〜〜。
慎
・・・(無防備すぎ)
慎
龍とか海青さんみたいな人がいいの?
❤︎
❤︎
おっきい人はね、
ギュってしてもらいたくなるよ〜?
慎
じゃあ…来てきて
❤︎
❤︎
なーに?
慎
(ハグ)僕はどう?
❤︎
❤︎
あったかい〜!私ねぇ、
慎にギュってされるの1番好きかなぁ
んふふ、慎の匂いも好きぃ〜
慎
////(危険だ、酔ったあなたって)
(あなたを寝かせてベッドから降りる)
❤︎
❤︎
優しくて、かっこいいけど…笑うと、
…きゅんって、、する……(寝落ち)
慎
(やっぱ危険だ/////)…おやすみ
◇リビングに戻った慎◇
RMPG
「どうだった、何かあった??(嬉しそう)」
慎
・・・危険、です…///
RMPG
「ひゅー!初々しいぞー!!」

「可愛いなぁ、お前ら!!(笑)」
翌日、あなたは全く記憶がなく、
慎は残念そうでした。by RMPG