無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

17.サプライズ
 ツアーファイナルも終わりを迎え楽屋へ向かう彼ら。

「お疲れー!!!」

RMPG
「おーっつかれさまでーす!!」

--ハイタッチ動画--

RAMPAGE→スタッフに。
「ありがとうございましたっ!!!」
壱馬
壱馬
ってことは、カフェに行けるな(笑)
慎
…会いたいですね(笑)
LIKIYA &陣
「はい!って事で、
そんなまこっちゃんにサプライズがありまーす!」
(楽屋の前で止まる)


「はい、楽屋入って!(動画を撮り始める)」
慎
え、ちょっと、怖いですけど
(恐る恐るドアを開けて入る)
 RMPG
「(楽屋に入ってキョロキョロする)」
❤︎
❤︎
“ツアーおつかれさまー!!”
慎
っ!?!なんで、(驚きで思考stop)
RMPG(LIKIYA &陣以外)
「!あなたー!!!(駆け寄る)」

健太
「あなたー!!会いたかったー!」

RIKU
「嬉しい、なんでなんで?」

翔平
「あ、まこっちゃーん?(慎の前で手をひらひら)」
:
:
etc
❤︎
❤︎
LIKIYAさんと陣さんが誘ってくれて、
私もおつかれさまって言いたくて!
サプライズ!どう?びっくりした?
RMPG
「びっくりーーー!!!!」

「またサプライズだね!(笑)」

「なんでLIKIYAさんたち言ってくれないんすかぁー」


「そら、サプラーイズ!!やからな!笑笑」

LIKIYA
「あれ、まことー?」
慎
え、あ…びっくりして…
❤︎
❤︎
んふふ、やった成功だ
慎
(っ////)
(笑うあなたが可愛すぎて抱きしめる)
❤︎
❤︎
わっ…!?
慎
会いたかったです!
❤︎
❤︎
わ、私も(何故かびしっとする)

【慎side】


ファイナルが終わって、

楽屋にはなぜかあなたがいて。
驚きすぎて言いたいこともわかんなくなっちゃうし、
だけど、みんながあなたとハグとか、
ハイタッチとかするのが嫌で。

考えるよりも先に動いた体。

抱き寄せた時に、ふわっと香るあなたの匂い。

大好きなひとが腕の中にいて、
ぎこちなくポンポンって背中を叩いてくれる。

慎
ふふっ
可愛いなぁって笑みがこぼれる。
❤︎
❤︎
なに笑ってるのー
慎
僕、あなたが好きだよ
思わず出た言葉に、自分自身でも驚いた。

ずっと躊躇してたのに、
今は伝えたいってほうの気持ちが大きい。
❤︎
❤︎
・・・(理解が追いついてない)
❤︎
❤︎
え!っ、す、すき…?
慎
うん、たぶんはじめて会った頃から
(抱きしめている体勢から元に戻る)
慎
大好きだよ
慎
…僕と付き合ってほしい、です
僕があなたを見つめてそう言えば、
少しキョロキョロ、顔を赤くさせながらも、
僕の目を真っ直ぐに見つめ返してくれるあなた。
❤︎
❤︎
わ、、私も、好き…!
だからっよろしくお願いします…///
最後は照れて下を向いちゃったあなた。
慎
やった、(もう一回抱きしめる)
RMPG
『フーーー!!!』

「おめでっとーーう!!!!」

「やったなー慎ー!」

「イェーァ!!!!!」 ←ずっと見守ってた皆
慎
あ、忘れてた、皆いたんだ
壱馬
壱馬
おーい、慎!忘れるな!笑笑
翔平
「へいへい!まこー!わーすれちゃだめっ!」

RMPG
「そーだそーだー笑笑」
❤︎
❤︎
ふふふっ
LIKIYA
「あっそーだ!みんなで写真撮ろうよ」

RMPG
「賛成ー!(手をあげる)」
◇そうして17人で記念写真を撮ってもらいました◇
翔平「おい慎っ、写真にニヤニヤ出てるぞ」
慎「いーじゃん、しょうへいっ!」
翔平「あ!おい、俺先輩だぞっ」
壱馬「ははっ!しょうへいっ(←慎のマネ)」
あなた「仲良し〜(なんかかわい!)」
3人「んふっ(照れ笑い)」

____________
________
____

こんにちはこんばんは ciel.です!
今回は大変長くなりましたが(笑)どうでしたか?
かずまこしょへ が多かったような…?(笑)
楽しんで頂けていたら嬉しいです。

リクエストあれば ぜひ!!

これからも「噂のカノジョ」よろしくお願いします!