無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15.LIVE①
◇ランペのLIVEを見に来たあなた◇

↑ 兄が三代目ということもありLDHは網羅していて
THE RAMPAGEの曲も知ってて好き。
❤︎
❤︎
(やっぱりすっごい熱気だぁ…)
_______________
___________
_______
RIKU
「 ~ 君想い 切なさ 募る」

壱馬
「見上げる Starlight 求めてる Can you tell me」

RIKU
「 浮かんだ City night キミの元へ 繋がってるかな」

北人
「 儚いモノクロの2人が照らされたBeautiful moment 今も1人 探してる Starlight」
❤︎
❤︎
う“ぅ〜(感動…)
◇LA FIESTA◇
◇Lightning◇
◇Knocking Knocking◇……
❤︎
❤︎
かっこい…。(それしか言えない)
◇ライブ終了後◇
❤︎
❤︎
(LINE)
LIVE見たよ、とってもカッコよかった!
今度会った時に感想言うね!お疲れ様!
❤︎
❤︎
(よし、じゃー帰ろ!)
(ロッカーに荷物を取りに歩いてく)
数分後…人の波がひいてから帰ることにしたあなた。
❤︎
❤︎
(バス何番のやつだっけ?えっとー…)
『あなた!ちょっ、来て!!』
(あなたの手を引っ張って会場へUターン)
❤︎
❤︎
えっ!!ちょ、なん、なんですかっ
慎
なにって聞きたいのは僕の方!
これから事情聴取だよ、きっと
❤︎
❤︎
ま、まこ…と(小声)
❤︎
❤︎
なんでここにいるのっ、絶対ダメでしょ
慎
いーの!…はい、こっち
(staffカードかけてくれる)
❤︎
❤︎
もしかして私入るの、楽屋?
慎
もちろん?
❤︎
❤︎
ムリムリっ、私一般人…
慎
(ドア開ける)
連れてきましたー
RMPG
「あなたぃーー!!!!」
❤︎
❤︎
はいっ…!
RMPG
「来るなら来るって言ってよ!!」

「びっくりしたなーもー!」

「一番のサプライズだったわw」

「来てくれてありがとう!!」
❤︎
❤︎
あ、いえ…!とっても楽しませてもらいました!こっちこそありがとうだよ!
壱馬
壱馬
LINEもらって皆んなで驚いたよ
慎
それで皆んなが連れてこいって言うし、
でも見つけられて良かった
❤︎
❤︎
ふふ、ほんとよく見つけたね
もうバス乗りそうだったのに!
慎
あなたならすぐ見つけられる
(↑自覚なしの王子発言)
❤︎
❤︎
っ…あ、ありがと//
RMPG
「こっちが照れるわっ//(慎を叩く)」
慎
?・・?
◇その後の会話◇

慎]えー、なんで!?(叩かれた理由)
壱]こっちが照れる(2度目)
慎]…そうっすか、(理解してない&諦める)
next→ 楽屋でのまったり時間と帰り道。