無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

07.2人で
◇LINE◇
慎
ね、あなた
❤︎
❤︎
んー?どうしたの、まこっちゃん
慎
(まこっちゃん呼びもかわい…)
あの…今度さ、2人でどこか行かない?
❤︎
❤︎
(2人で……?)
慎
別に、嫌なら全然っ、いいんだけど…
❤︎
❤︎
行きたいっ!
慎
ほんと?!(やっば…超嬉しい)
❤︎
❤︎
うん!デートみたい!
❤︎
❤︎
ぁ、えっと、デート…っていうか
その、、変なこと言ってごめん!
慎
デートです!
(ちゃんと意識してくれてるんだ)
❤︎
❤︎
デートですかぁ…ふふ、嬉しい〜
いつ行きますか?
慎
(どうしよう、敬語もかわいい。)
(↑しかも嬉しいと言われニヤける慎)
慎
明後日の日曜は、どう?
❤︎
❤︎
空いてる!日曜で大丈夫!
慎
じゃあ10時に、駅前待ち合わせでいい?
❤︎
❤︎
うん、わかった!
じゃあ明後日ね!
慎
うん、明後日。またね
❤︎
❤︎
またね!
◇LINE終了◇慎side
慎
デート……、、
(トークを見ながら嬉しさに浸ってる)
あなたside(登坂家リビング)
❤︎
❤︎
デートかぁ…緊張してきた
広臣
広臣
デート?
❤︎
❤︎
!臣くん、いたの
広臣
広臣
いたわwここ、俺ん家だから
あなたは職場(カフェ)に近い兄の家に居候中。
広臣
広臣
んで?誰とデートなの?
❤︎
❤︎
言わない
広臣
広臣
反抗期か、このやろう(笑)
(あなたの頭をぐしゃぐしゃにする)
❤︎
❤︎
んーー!(抵抗したが負けた)
ま、まこっちゃんと、デートっ…
広臣
広臣
(いたずらを終わる)
お〜慎かぁ、、なら良し!
❤︎
❤︎
なんで臣くんの許可なんか…
広臣
広臣
もっかい髪ぐしゃぐしゃする?
❤︎
❤︎
けっ、結構です

next→
デートであなたの気持ちに変化が…?