無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

05.相手
pm5:47

開店準備も整った頃、あなたに電話がくる。
❤︎
❤︎
いったいだれよー…
よお
❤︎
❤︎
よぉ
相変わらずノリが良いな w
❤︎
❤︎
どうしたの?
私あと10分でお店開けなきゃ
あー、今日バーだよな
❤︎
❤︎
そーよ
いいなー行きてー!
❤︎
❤︎
いいけどさぁ変装なしとかで来ないでよ
え、行っていいの?
❤︎
❤︎
ダメなの?
⦅俺も行きたいっすあなたちゃんの店⦆
やっだよ、目立つもん w
⦅いいじゃないすかぁ〜⦆
わかったよ w
❤︎
❤︎
(ぉーぅ、
めんどくさい人が2人に増えたぞ)
私切ってもいーい?
⦅えー?ふは、なんすかそれ w⦆
すごくね?
⦅どうなって……←既に違う話してる
❤︎
❤︎
切るから(電話を切る)
なによ〜イチャイチャしちゃって
店長
「どしたのあなた〜!ぷんぷんしちゃってー」

先輩
「電話の相手は彼氏かぁ〜??」
❤︎
❤︎
違いますって、ほら!
(着信画面を見せる)
店長&先輩
「(相手を知る)っで!?店来るって?!!」
❤︎
❤︎
え、あ、はい…(勢いすごい…)
店長&先輩
「化粧ちゃんとしてくる!」
❤︎
❤︎
えぇ、もう開店ですよ…って、
もういないし…
あなたに電話をかけた人は、
どうやら影響力絶大の人のよう?一体誰?!
next→
電話の相手がついに登場?