無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

16.LIVE②
RMPG
「LIVEどーだった?!」
❤︎
❤︎
……最っ高(グッドサイン)
RMPG
「あざーっす!!(グッドサイン)」
❤︎
❤︎
ボーカル組には感動して泣いちゃうし、
❤︎
❤︎
健太くんのファンサービスすごい素敵。
もちろん踊りもだけどね
健太
「うぇい笑 (あなたとハイタッチ)」
❤︎
❤︎
ソロで踊るのも、
皆んなで踊るのも全員かっこいい!
壱馬
壱馬
おぉ、すげー熱弁(笑)
❤︎
❤︎
楽しませてくれてありがと!
RMPG
「(感動してる)ありがとうっ!!」

「(あなた いい子…)もっと頑張るわ」

「天使。まじあなた好き」
❤︎
❤︎
ありがとう 私も好き!
RMPG
「うぉっ、そんなこと言っていいのか(笑)」
慎
だめですっ
RMPG
「うわぁっ慎、どっから来た」
慎
風呂から飛んできました
その為、慎は上裸。他にも何名かいる。
慎
そんなこと簡単に言っちゃだめだよ
❤︎
❤︎
そんなことって?
慎
だから、その…好きとか!…いい?
(あなたの両肩を掴んで顔を覗き込む)
❤︎
❤︎
わ、わかった!//
…まこっちゃん、近いよ恥ずかしい!
(すごいかっこいいけど、!)
慎
ごっごめん
壱馬
壱馬
お2人さんイチャつくなよー
慎
別にそんなこt…
海青
「あなた見て!
(筋肉を見せるためにポーズとる)」
❤︎
❤︎
おぉ!!かっこいい!写真撮ってあげる
海青
「まじ?やったね」
                 ◇謎の撮影会◇
健太と翔平、RIKU、謎に北人も参加。(ノリ)
❤︎
❤︎
あははっ、みんなかっこいーよ!
ほら見て!(写真を見せる)
海青&健太&翔平&RIKU&北人
「おー、いいねぇ」
「これ後でグループに送ってよ(笑)」
❤︎
❤︎
まかせて!(笑)
◇その後も楽しんだ皆◇
RMPG
「よし、じゃあ帰るかー」
❤︎
❤︎
あ!そうだった!バス!
(バスが何分に来るか確認)
❤︎
❤︎
よかった、バスまだ来るみたいだから
私帰るね!ばいばい!
慎
え、もう暗いしバス停まで送る!
RMPG
「(おぉっ…!いけ、慎!)」
❤︎
❤︎
え、でも悪いよそんな、疲れてるのに
慎
平気!だから、送る
❤︎
❤︎
…ほんとに?(心配)
慎
うん、ほんと
❤︎
❤︎
じゃ、あ…バス停までお願いします
RMPG
「(小声で慎に)
俺ら慎が帰ってくるまで待ってるから、行ってこい」
慎
(メンバーに)ありがとうございます
◇会場を出て歩いてる2人◇
❤︎
❤︎
また来たいなぁ、ランぺのLIVE
慎
おいでよ、来てくれたらすっごい嬉しい
あ、その時は僕らが招待したいな
❤︎
❤︎
じゃあ、待ってます(?)
❤︎
❤︎
あ、あのバスだ私が乗るの
(信号で止まってるバスを見つける)
慎
え、走るよっ(あなたの手をとり走る)
❤︎
❤︎
はぁっ、間に合った…!
ありがとう。さっきは楽屋に走ったのに
今は逆だったね(笑)
◇バス到着◇
❤︎
❤︎
もう行くね!
慎
うん、気をつけて
❤︎
❤︎
ばいばい!(バスに乗り込む)
---
RMPG移動車にて

〈♪〉←慎のLINE通知

壱馬「おっ、天使から?(ニヤニヤ)」

慎「(LINE見た)/////」

壱馬「(LINE見る)『送ってくれてありがとう。
ゆっくり休んでね、おやすみなさい』…って、よかったなぁ、慎!!」

慎「…明日も頑張れます」

◇みんなにもあなたからのLINEが来たので
翌日すごく頑張れた。◇
next→
慎、ついに…?