無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13.オフの日③
pm6:32

こんな時間ですがもうすでに飲んでます☆byRMPG
壱馬
壱馬
あなたは飲まないの?ってか飲める?
❤︎
❤︎
うん、飲めるよ!
でも夕飯作ってるし。みんな早くない?
夕飯はステーキなので、
あなたは今、焼いて盛りつけてる最中。
↑最年少組、お手伝い中
慎
できた
❤︎
❤︎
ぉ!ありがとーう
❤︎
❤︎
ほら、そこのお兄さんたち出来たよ!

「お兄さん、ってなんか照れんなぁ〜!」

健太&樹
「(陣を無言で見る)・・・。」


「なんやねん!お前らは愛が足りんぞ!俺への!」
壱馬
壱馬
あ、ほっとこ。(笑)
❤︎
❤︎
あははっ!ほんと仲良いね
慎
信頼してますし
壱馬
壱馬
まことぉー!良いこと言うなぁ!
慎
はいっ(笑)
翔平
「またイチャついてる〜!!」

山彰
「…」

翔平
「ゴメンナサイ」

RIKU
「もぉ、みんな席ついて食べよう(笑)」

RMPG
「はーーい!」
❤︎
❤︎
いただきますっ
RMPG
「いただきまーす!!」
◇それから夕飯がすっかり飲み会へと化した頃◇
❤︎
❤︎
私も飲もーっと
(お酒を取りに行った)
壱馬に着信。相手は、臣から。
壱馬
壱馬
もしもし?臣s…
広臣
広臣
あ、もしもし壱馬?あなたそっちいるよね?
壱馬
壱馬
今一緒に飲んでますけど…
広臣
広臣
のっ、飲んでる…マジか!!
剛典
剛典
えっあなたちゃんお酒飲んじゃってんの?
壱馬
壱馬
え、はい。飲めるって言ってたんで…
まずかったですかね・・
剛典
剛典
あちゃ〜(笑)
いや、全然まずくはないんだけど、ね?
広臣
広臣
大変だぞ、あいつ酔うと。(笑)
壱馬
壱馬
え。なんすか…
怖いんで飲みに来てくださいよ
剛典
剛典
俺は行きたいけど〜、こっちも飲み行くから、ごめんパス!(三代目で↑)
広臣
広臣
だから、頑張れ。
ちょっと慎には酷だけど…あ、お前らも油断すんなよ!じゃーな!
電話が終了し、混乱中の壱馬。
壱馬
壱馬
(・・・え、いったいなにごと)
❤︎
❤︎
壱馬くん♪どうしたの?んふふ
顔怖いよ〜
壱馬
壱馬
あのー、さ。あなた、もしかしてすでに酔ってきてる?
❤︎
❤︎
う〜ん、まだちょっとぉー
壱馬
壱馬
(確定だな、これは)
慎
(めっちゃ、とろんってしてる…//)
◇数分後◇

RMPG
「うわーーー!!」
壱馬
壱馬
なにっ
慎
か、壱馬さんっ、あなたが龍にっ
❤︎
❤︎
(龍に抱きつくあなた)
身長たっかいねぇ〜、ふふふ

「ど、どーしたらいいんすかね、俺っ(パニック)」
壱馬
壱馬
わっ、ばか。なにしてんだ
(あなたを龍からひきはがす)
❤︎
❤︎
おっきい人が好きなんだもん、
龍とか昂秀とか海青に抱っこされたいっ
❤︎
❤︎
ぎゅーって包まれたいっ
慎
…(ちょっとヤキモチ)
壱馬
壱馬
(なるほどっ、慎に酷ってコレか…)
next→
まだまだ続くあなたの暴走。
ランぺのみんなもドキドキが止まらない?!